ロシアの伝統工芸「ベレスタ」は、有史以前から続いている白樺の樹皮でつくられた伝統工芸で、漁師のカヌーや野草や木の実、キノコなどを入れるカゴ、食器や靴、アクセサリーまでがベレスタで作られていました。白樺の樹皮が、生活に関わるほとんどのモノを作っていたなんて驚きですね。ベレスタが発掘されたときまったく腐敗していなかったそうで、防腐効果も実証されているほど白樺の木のスゴさが分かります。

旅マップ

暖かい木「白樺(しらかば)」

白樺の木がたくさんある場所はその香りに癒されます。白樺はスモークチップにも使われたりと万能な木です。ベレスタの優れた点はほかにも皮膚を刺激するアレルギー物質が含まれていないと言われているので、金属アレルギーなどでアクセサリーが身に付けられない人でも「ベレスタ」なら問題ないそうです。身に付けておしゃれを楽しむことができます。金属アレルギーのお友達にプレゼントとして贈ったら、たいへん喜ばれるかもしれません。また白樺は「暖かい木」とも呼ばれていて、寒いときにベレスタに触るとほんのり暖かく、暑いときにはひんやりとするんだそうです。

ベレスタを感じる写真

食文化

ロシアはやはり寒い国ですので、ウォッカ、ボルシチ、ピロシキなど体を温めるものが多いイメージです。年間を通して食材が作れる期間が短いため保存食を取り入れた煮込み料理やスープなどが多いです。野菜や果物は長い冬に備えて酢漬けのピクルスやジャムにしてしまうことがほとんどのようで、ロシア料理には少し酸味を感じる料理が多いのもこのことからのようですね。生き抜く工夫から生まれた料理ばかりです。

煮込み料理やスープがあれば、美味しいだけじゃなく身体を温めてくれるので一石二鳥ですね。お酒が弱い人はロシアに訪れてもウォッカを飲むことはないと思いますが、テレビでよく観るロシアの人たちはウォッカを水のように、しかも美味しそうに飲んでいますね。お酒は寒くてもほどほどに。

By: Holger H.
By: e_chaya

レストラン情報

気分はロシア貴族!華やかな店内でお料理をいただく「Cafe Pushkin」

住所
Tverskoy bulvar, 26A, Moscow 103009, Russia
お店情報

ロシアの緑を感じながらリーズナブルで美味しいご飯を「Khachapuri」

住所
Ukrainsky Boulevard, 7, Moscow 121059, Russia
お店情報

最後に

ロシアで生まれた「ベレスタ」。寒い地域ならではの白樺を使った可愛い日用品の数々。ちょっと変わった贈り物やお土産にも喜ばれる品ではないでしょうか。ロシアという国も様々な歴史があり、華やかさもあれば私たちが知らない深い闇もたくさんあります。観光に行くときっと様々な表情が見れる国だと思います。日本が暑くなるシーズンはロシアで過ごしてみるのも手かもしれませんね。

ロシア製 白樺細工 ベレスタ 多重柄 レズニー B 【乳歯 ケース アクセサリー 収納 ピルケース 小物入れ おしゃれ】
この記事をシェアしてみませんか?