ふと、ゆったりした時間を過ごしてみたいと思うことはありませんか。 私はあります。そんな時、いつもはインスタントですませるお茶を、茶葉を急須で入れお茶を蒸らす時間も楽しんだりします。 そのゆっくりいれたお茶を口にした瞬間、贅沢な時間だな~。なんて思ったり。 日本には昔から、時間を楽しむ道がたくさんありますよね。 香を楽しむ香道、花を愛でる華道、お茶を楽しむ茶道。 今回はそんな道の中でも、茶道の世界についてご紹介したいと思います。 日本の茶道の歴史は、鎌倉時代から始まっているようです。
鎌倉時代に、日本に禅宗を伝えた栄西や道元によって薬として持ち込まれた抹茶が、禅宗の広まりと共に精神修養的な要素を強めて広がっていった。さらに茶の栽培が普及すると茶を飲む習慣が一般に普及していった。 室町時代においては、飲んだ水の産地を当てる闘水という遊戯から、闘茶という、飲んだ茶の銘柄を当てる一種の博打が流行した。また、本場中国の茶器「唐物」がもてはやされ、大金を使って蒐集し、これを使用して盛大な茶会を催すことが大名の間で流行した(これを「唐物数寄」と呼ぶ)。これに対し、村田珠光が茶会での博打や飲酒を禁止し、亭主と客との精神交流を重視する茶会のあり方を説いた。これがわび茶の源流となっていく。(Wikipedia引用
茶道は裏千家や表千家、その他にも色々な流派があります。流派と言われてしまうと、中々敷居が高く感じ、茶道を始めてみようと思っても少し尻込みしてしまいますよね。 しかし、今では日本人以外にも外国の多くの方が茶道を学び、師範として認められていたりするんですよ。 やはり日本人として、誇るべき文化は知っておきたいものですよね。 それでは、茶道の世界をご紹介します。これを機にぜひ、茶道を始めてみてください。

「 Japanese tea ceremony 」[YOUTUBEより]

その他の写真

この記事をシェアしてみませんか?