色々な金属が生み出す変幻自在の形「金属工芸の世界」[日本と世界]

伝統

旅曲が今回ご紹介するのは、私さくらが個人的に始めた「金属工芸の世界」です。私自身、伝統工芸がとても好きで陶芸はずっと続けてきたのですが、最近になり金属工芸の世界にも魅了され、考える時間があるなら始めてしまえ!と今まで私ではあれば悩みながら進めなかったのですが、心境の変化もありいざ金属工芸を始めてしまいました!もちろん陶芸も続けておりますが、今は何も知らない金属工芸に重きをおいた生活をしております。現在、金属工芸の第一弾作品を制作中ですので、その制作過程などはまたこの旅曲で改めてご紹介できたら良いなと思っております。

自己満足的に自分のお話になってしまいましたが、そんな私が始めた金属工芸について皆さんにも魅力を感じていただきたくちょっとご紹介したいと思います。

まず始めに金属工芸とは。と言うところからです。
簡単に言ってしまえば「金属」を使ってなにか形をなすものですね。一重に金属と言っても金、銀、銅、錫、鉄などなど色々な種類があります。金属の中でも金や柔らかいため加工が難しい、鉄は硬いが錆びやすいなどなどそれぞれ特徴があり、素材の特徴を生かしたものや、または種類の違う金属を混ぜたものを使ったりと、創り始める前の素材選びの段階でも色々な選択肢がでてきます。

日本国内で一番、金属と聞いて世界でも認知があるのは「刀工」ではないでしょうか。その名の通り刀などを造る鍛冶屋さんです。今では刀を町中で持ち歩いてしまったら銃刀法違反になってしまうので、観賞用のものしかつくられていませんが、実用的なものでは包丁や鋏、草刈り鎌などは今でも切れ味や耐久性の面から重宝されていますよね。姉の友人の外国人の方に、姉が日本製の包丁や枝切り鋏をプレゼントしたことがあるのですが、切れ味も耐久性もとても良く喜んでもらったそうです。日本が世界に誇る技術の一つですよね。

また茶道などの伝統がある日本でこれまた重宝される伝統工芸にひとつ「南部鉄器」もとても有名ですよね。南部鉄器の鉄瓶でお湯を沸かし、そのお湯で淹れたお茶をとてもとても美味しいと言われており、茶道の場以外でも日常で使う人も増えている岩手県で受け継がれている伝統工芸の一つです。

この他には熊本の肥後象嵌や、富山の高岡銅器などもあります。こちらはまたの機会にご紹介できればと思っています。

日本以外にも様々なかたちで金属工芸は伝統として受け継がれており、ヨーロッパでは贅沢な金銀細工のフィリグラーナや象嵌細工のダマスキナードなどもあり、身に付け目で楽しむことができるものも多くあります。

陶芸もそうなのですが、金属工芸を始めて思ったのは金属のような硬いものを炎を使い、柔らかくし加工しようと思った最初の人はスゴイなーととてもとても思います。陶芸も柔らかい土を形にし、火にかけ硬くする。う~ん…今では技術として確立されていて当たり前のことですが、何も無いところから思い付くのはスゴイことですよね。もしかしたら偶然かもしれませんが。。。
もし過去に行けるとしたら金属の加工や陶芸などが生まれたその場へ行ってみたいと思ってしまいました。考えただけでワクワクしちゃいます。

金属工芸の写真

最後に

今回は金属工芸というものの今、私自身がやってきて知ったことなどをご紹介させていただきました。
私もまだまだ始めたばかりで知らないことがたくさんあり勉強中の身ですが、その中で学んだことを今後もちょこちょことご紹介できたらと思っています。次に金属工芸についてご紹介するのは、ちょっと先になってしまうかと思いますが、私自身が今つくっているものの工程や素材などについてできればと思っておりますので、ご興味をもっていただいた方は次回ご紹介する金属工芸についての記事にもお付き合いいただけたら嬉しいです。