ハンガリーの伝統工芸「マチョ刺繍」は、ブタペストの北東にあるマチョ地方メゼーケベジュドという街でつくられている刺繍です。ハンガリーは刺繍がとても有名な国で、始まりは12世紀ごろと言われています。

旅マップ

マチョ刺繍の歴史は長い

ハンガリーの民族衣装も刺繍が施された布で作られていたり、歴史の深さがうかがえます。ハンガリーの刺繍は「マチョ刺繍」をはじめ、とてもカラフルで、花や草木などの自然をモチーフにしたものが多いのが特長です。

ハンガリーで刺繍が盛んになったのは12世紀当時の王「マーチャシュ王」が刺繍技術をもった人を「職人」として認め、ヨーロッパ各国へ刺繍の技術を学びに行くことを支援していたそうです。そのためハンガリーでは、他のヨーロッパ諸国の良いところを取り入れた美しい刺繍に発展していったといわれています。国王がこのように職人を全面的に支援してくれるなんて羨ましくもあり素敵なことですね。マチョ刺繍発祥の町として知られる「メゼーケベジュド」には、マチョ刺繍の美術館があったり、教会の中の至る所にマチョ刺繍が使われていたり、街のあちこちでマチョ刺繍を目にすることができます。

ハンガリー刺繍を感じる写真

食文化

ハンガリーの人は甘い物がとても好きな方が多く、名物にはペイストリーと呼ばれるケーキやタルト、何層ものスポンジの間にモカチョコを挟んだボシュトルタなどがあります。また主食にもパンケーキが登場しますが・・・その食べ方は日本人にはあまり馴染みがない方法で、パンケーキの中に牛肉や魚、鶏肉などを挟みサワークリームやパプリカなどのソースをたっぷりかけて食べるそうです。またハンガリーの人はスープが大好きで、ハンガリー国内でも地域によって工夫を凝らした色々なスープがあります。

By: t-mizo
By: Aloa

レストラン情報

美味しいご飯をお酒をアットホームな雰囲気で「Zeller Bistro」

住所
Izabella utca 36-38 | 1077, Budapest 1077, Hungary
お店情報

味もサービスもプロフェッショナル「Boglárka Panzió-Étterem és Apartmanházak」

住所
Mezőkövesd, Boglárka St 1, 3400 ハンガリー

最後に

ひと針ずつ丁寧に縫った刺繍でつくり上げた民族衣装やクロスは、とっても素敵です。色とりどりの糸が紡ぐハンガリーの歴史。自然を愛する国民性や、時間を大切に使う国民性などがひとつの刺繍から伝わってきます。刺繍が大好きな人はぜひ一度訪れてほしい、そんな場所です。

可愛いハンガリー刺しゅう はじめてでも楽しめる伝統ある手仕事/筒井はるみ【1000円以上送料無料】
この記事をシェアしてみませんか?