糸が紡ぐ可愛い伝統工芸「マチョ刺繍」[ハンガリー]

2014年6月2日伝統

家族 伝統工芸
By: jenny downing
基本情報MAP
  • マチョ刺繍発祥の町「メズークヴェシュド」
  • 色とりどり可愛いお花など草木がモチーフの刺繍
  • 可愛い刺繍からつくられるマチョの民族衣装
1フォリント:0.45円

※参考:fx exchange(2014/06/02 13時調べ)

※参考:agoda(1泊料金)

旅曲が今回ご紹介するのはハンガリーの伝統工芸「マチョ刺繍」です。ハンガリーは刺繍がとても有名な国で、始まりは12世紀頃とも言われておりその歴史はとてもながいです。ハンガリーの民族衣装も刺繍が施された布でつくられており、その歴史の深さがうかがえます。ハンガリーの刺繍はマチョ刺繍を始め、とてもカラフルでお花や草木など自然をモチーフにした癒されるものが多いのが特徴とも言えます。もともとハンガリーで刺繍が盛んになったのは、12世紀当時の王様であった「マーチャシュ王」が刺繍技術をもった人を職人さんとして認め、ヨーロッパ各国へ刺繍の技術を学びに行くことを支援していたそうです。そのためハンガリーでは、他のヨーロッパ諸国の良いところ取り入れた美しい刺繍が発展したとされているそうです。国王がこのように職人さんを全面的に支援してくれるなんて羨ましくもあり、またとても素敵なことですよね。マーチャシュ王、素敵な王様です。マチョ刺繍発祥の町として知られている「メズークヴェシュド」にはマチョ刺繍の美術館があったり、教会の中のいたる所にマチョ刺繍が使われていたりと町のあちこちでマチョ刺繍を目にすることができます。

スポット写真

食文化

ハンガリーの人は甘い物がとても好きだそうで、名物にはペイストリーと呼ばれるケーキやタルト、何層ものスポンジの間にモカチョコを挟んだボシュトルタなどがあります。また主食にもパンケーキが登場するそうで、その食べ方は日本人の私たちにはあまり馴染みがないのですが、パンケーキの中に牛肉やお魚、鶏肉などを挟みサワークリームやパプリカなどのソースをたっぷりかけて食べるそうです。またハンガリーの人はスープが大好きでハンガリー国内でも地域によって工夫を凝らした色々なスープがあるそうですよ。

レストラン情報

美味しいご飯をお酒をアットホームな雰囲気で「Zeller Bistro」

住所
Izabella utca 36-38 | 1077, Budapest 1077, Hungary
お店情報

種類豊富なビールやワインなどお酒を楽しむバー「DOB3」

住所
Dob Street 3, Budapest 1074, Hungary
お店情報

最後に

私はあまり刺繍をする習慣が無かったのですが、やはりひと針ひと針丁寧に縫った刺繍でつくり上げる民族衣装はクロスはとっても素敵ですよね。色とりどりの糸が紡ぐハンガリーの歴史。ハンガリーの人たちの自然を愛する国民性や時間を大切に使う国民性などがひとつの刺繍からも伝わってくる気がします。