少し期間が空いてしまいましたが、以前ご紹介した「着物の世界とルール」の続きをご紹介します。前回はシーンに合わせた着こなしをご紹介しましたが、今回は季節に応じた着こなしをご紹介します。浴衣は「夏」着るものというのは皆さんご存じかと思います。その他にも着物には素材によって着こなす季節が変わってきます。

袷(あわせ):10月~5月

10月~5月の間を着物の世界では「(あわせ)」の時期となります。袷の特長は、仕立てる際に裏地に透けない生地を縫い付けたものを指します。また着物に慣れた方だと、秋は紅葉、春は桜など着物や帯を合わせて季節感を楽しむそうです。着る期間も長いため、持っている人が多いのではないでしょうか。

単衣(ひとえ):6月、9月

6月と9月は季節の変わり目でこの時期には「単衣(ひとえ)」と呼ばれる着物を着る季節になります。単衣の特長は、仕立てる際に透けない生地を裏地を付けずに縫われたものを指します。6月の単衣は「春単衣」、9月の単衣は「秋単衣」とそれぞれ呼ばれています。袷に比べて裏地が無いためとても軽やかになります。

薄物(うすもの):7月、8月

7月、8月は夏真っ盛りで暑い時期です。着物の世界ではこの時期に着る着物を「薄物(うすもの)」または「薄単衣(うすひとえ)」と呼ばれています。特長は、シンプルに着物のなかでも特に薄く透け感がある着物を指します。やはり暑い夏は生地もより軽く涼やかになるようですね。

By: L_Dan

最後に

こう見てみると、着物の世界といっても季節やシーンを考えればあまり難しいものではないように感じられます。やはり、四季のある日本で昔から馴染まれて着られてきたものなので、これからも大切にしていきたいものです。たまには日常の装いで着物を着こなせる人になれたら嬉しいですね。皆様もぜひ季節・シーンに合わせて着物を自分のものにしてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?