フランスで毎年秋に開催される「モンマルトルのブドウ収穫祭」は、フランスの首都パリで開催されるワインのお祭りです。果物として食べるために収穫を祝うのではなく、ワインにするためのブドウの収穫をお祝いするお祭りということですね。

旅マップ

モンマルトルのブドウ収穫祭は「フランス」を知れるイベント

パリといえば、都会のイメージがあり、ブドウ畑などが無いようなイメージが強いのですが、パリでは唯一モンマルトルの丘にブドウ園があり、1934年から毎年10月の第2週末の3日間、この収穫祭が開催されています。お祭りの開催期間中には、フランス各地の民芸品や食に関する露店が出ていたり、フランスの伝統芸能などを紹介するパレードも行われています。また、1000本前後しかない貴重なパリ産のワインが販売されたり、フランス全土のワインの試飲会が催されたりと、誰でも楽しめるイベントになっています。

その他にも、映画文化の国フランスならではのフランス映画の上映会や、映画にちなんだ音楽コンサートも開かれます。クライマックスの夜には、ルイ・ミッシェル広場で花火も打ち上げられるそうで、夜のパリをいつも以上に華やかに彩ります。パリの街を満喫するには、もってこいのイベントです。

モンマルトルのブドウ収穫祭の風景

食文化

フランスは言わずと知れた美食の国です。今回ご紹介したモンマルトルのブドウ収穫祭の時期は、ちょうどカキの美味しい季節でもあるため、オイスターバーなどが建ち並び、生ガキはもちろん色々なかたちに調理されたカキを楽しむことができます。フランス産のワイン片手に、カキを「パクパク」美味しいに決まってます。カキ以外にも美味しい食べ物がたくさんあるフランス。訪れる際は食べ過ぎに注意です。

レストラン情報

洗練されたホテルの高級フレンチ「Le Cinq Restaurant」

住所
31, avenue George V | Four Seasons Hotel George V, 75008 Paris, France

サクレクールの近くの隠れた小さなレストラン「Le Poulbot」

住所
3 Rue Poulbot, 75018 Paris, フランス
お店情報

最後に

ワインをこよなく愛するヨーロッパ、フランスで開催される「モンマルトルのブドウ収穫祭」。ワインを楽しめることに、大地への感謝と喜びを祝う素敵なお祭りです。ワインが好きな人はもちろんそうでない人も、フランスという土地を「秋」を通じて理解を深めてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?