スイスのベッリンツォーナで開催される「ラバダン」というカーニバルは、世界遺産にも登録されている街で、毎年2月~3月にかけて木曜日から始まり「懺悔の火曜日」の6日間にわたってカーニバルが開催されます。初日の木曜日に「ラバダンの王に町の鍵を渡す」という催しから始まり、翌日の金曜日には子供たちのパレード、土曜日にはコレジアータ広場という広場でグッゲンムジークという伝統楽団による演奏があり、日曜日には色々なテーマに沿った仮面やコスチュームをまっとた人たちのパレード、最終日の火曜日には大量のリゾットが用意され訪れる人に振舞われて幕を閉じるお祭りです。

このお祭りは1862年から行われてきた伝統のお祭で、起源は十字軍時代にアラブ諸国に遠征に赴き、イスラム教徒のラマダンの断食明けの夜祭を見て、大騒ぎすることを意味する単語と勘違いしたのがきっかけともいわれています。きっと人種に関係なく楽しそうなことを見ると真似したくなるのが人の常なのかもしれません。楽しいことはみんなで共有したいですね。

Rabadan Bellinzona

旅マップ

ベッリンツォーナの魅力

ベッリンツォーナは、旧市街にある3つのお城が世界遺産にも登録されているスイスの古都です。イタリアに近く、ドイツ語、フランス語、イタリア語と場所によって言語が変わるスイスですが、この場所はイタリア語圏にあたります。土地柄ティチーノ川の東岸のアルプス山脈の麓に位置しているため、美しいアルプス山脈を眺めることができる、とても美しい街です。ベッリンツォーナは鉄道駅があり、テチーノ渓谷にある交通の要所として古くから栄えてきました。大自然と人が創り上げた美しい街並みが融合したヨーロッパを堪能できる街です。

食文化

スイスはイタリア、フランス、ドイツなどの食事が楽しめる土地です。それに加え豊かな自然が育ててくれる豊富な食材で、本当に美味しいものが多い国ですね。私の姉がスイスに訪れた際にチョコレートとチーズが美味しすぎて食欲が止まらなくなり、結果的に食べ過ぎて食べられなくなったという自虐話をしてくれた国です。やはり美味しいものは美味しい空気、自然が育んでくれるんですね。

By: Yortw

レストラン情報

フルコースをスイスで満喫「Locanda Orico」

住所
Via Orico 13, Bellinzona 6500, Switzerland

街を一望できる素敵レストラン「Ristorante Castelgrande」

住所
Salita al Castel Grande, Bellinzona CH-6500, Switzerland

最後に

世界遺産の街ベッリンツォーナで開催される「ラバダン」。もしヨーロッパ旅行を計画されている方は、ベッリンツォーナ行きにして世界遺産とお祭を楽しんでみてはいかがでしょうか。素敵な自然と街、美味しい食事とお酒が待っていますよ。

この記事をシェアしてみませんか?