古代ローマ時代の屋外闘技場で楽しむオペラの夏「アレーナ・ディ・ヴェローナ」[イタリア]

イベント

Screenshot of www.arena.it

古代ローマ時代の雰囲気を満喫できる野外オペラ「アレーナ・ディ・ヴェローナ」

旅曲が今回ご紹介するのは、毎年夏にイタリアで開催される屋外オペラ「アレーナ・ディ・ヴェローナのオペラ」です。この催しは毎年6月下旬から9月上旬まで毎日演目を代えて開催されており、イタリアのヴェローナという町にある闘技場「アレーナ・ディ・ヴェローナ」で開かれます。開催期間中は毎日夜にオペラが闘技場で催され、夕べのひと時を心地よい風を感じながらオペラを楽しむことができます。演目はトゥーランドットやカルメン、仮面舞踏会、マダム・バタフライ(蝶々夫人)等からロミオとジュリエットまで様々なオペラを日替わりで楽しむことができます。この期間はきっとオペラ好きにはたまらない時期となります。ただやはりそこはオペラ、一回の公演を見るのに必要なチケットは200€(ユーロ)前後してしまうようなので、見たいものをピックアップして行くのが良いかもしれませんね。私もオペラやバレエ、能や狂言など様々な舞台を見るのが好きですが、中でもオペラはお値段が高いのでなかなか行けないという悲しい現実があります。もう少し安くならないかな。とも思いますが考えを変えてみると、たまに見ることができるからこそ特別で素敵な時間と思えるのかもしれませんよね。きっと好きな食べ物も毎日食べると飽きてしまうのと一緒かもしれません。(←ちょっと違うかな...)

Biglietti Arena di Verona: calendario delle opere all’Arena di Verona


今回の旅マップ

ヴェローナ

ヴェローナの町について
ヴェローナは中世のアレーナ・ディ・ヴェローナをはじめ中世の町並みが残っている都市です。そのため2000年には「ヴェローナ市街」として世界遺産にも登録されています。またヴェローナは世界中で知られているシェイクスピアの戯曲「ヴェローナの二紳士」「ロミオとジュリエット」の舞台でもあります。見どころはなんといっても町全体なのですが、アレーナ・ディ・ヴェローナの他にも広場の奥にマッフェィ宮殿が建つ「エルベ広場」やダンテ像が建つ「シニョーリ広場」、14世紀後半に建築された「ヴェッキオ城」、ロミオとジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の娘の家である「ジュリエットの家」など見どころ満載の町です。中世ローマ時代やシェイクスピアが好きな方にはウハウハな土地とも言えますね。


ヴェローナおすすめレストラン

イタリア料理イメージ写真

イタリア料理と言えば、日本でも日常に馴染んだ料理ですよね。ピザにパスタ、ジェラートなどなど美味しいものいっぱいです。ではではそんなイタリア料理本場ヴェローナにあるおすすめレストランをご紹介します。

地元で愛される素敵レストラン「Antica Torretta」
住所:Piazza Broilo 1, 37121 Verona, Italy
お店情報:http://www.ristoranteanticatorretta.com/contattaci/

イタリアンバルでホッと休憩時間に楽しむ「Tosca Cafe Verona」
住所:Via Ponte Nuovo,8/a, 37121 Verona, Italy
お店情報:http://www.toscacafeverona.it/


古代ローマ時代にタイムスリップができるヴェローナの夏をオペラで楽しむ。なんとも贅沢です。旅の楽しみのひとつは、きっとその土地の音楽や食べ物、文化に触れられることですよね。ヴェローナはイタリアの音楽、歴史、食べ物を心行く町ではないでしょうか。「アモーレ、カンターレ、マンジャーレ」「愛して、歌って、食べて」とイタリアを称する言葉がぴったりな土地です。屋外オペラが開催される夏の期間に是非、訪れてみてはいかがでしょうか。