暑かったり涼しかったりと変化が激しい季節ですが、癒しと勉強もかねて旅に行ってきました。天候にも恵まれた2014年5月17日、5月18の1泊2日旅へ!雄大な自然あふれる素敵な土地「清里高原」を訪れたのて、ご紹介したいと思います。

旅の目的を決めておくことが大切

今回の旅の第一目的は「オルゴール作り」です。趣味の延長ではあるのですが、陶芸をはじめ金属工芸といった工芸作品をつくるのが好きなので、何か音楽と合わせた作品を作りたかった。まずは自分で体験もしたかったので、それならオルゴールはどうだろう?ということで決定いたしました。

オルゴール作り体験で検索すると出てきました山梨県「清里」。調べると、高原ならではの「食」など魅力しか出てこない土地です。ここに決定です、すぐ決定です。ということで、まずは八王子駅から「あずさ」に乗るところから旅を始めていきましょう。

8時ちょうどじゃない「あずさ」に乗る

やってきました、あずさ2号!ではなく、あずさ55号に乗り込みます。旅の第一段階の醍醐味はやはり車窓からの眺めですよね。

山梨県という場所は、東京・神奈川県民からすると実は近くて遠い場所といいましょうか・・・旅へ行きたい!と思ったときになかなか選択肢の中に入らない県でもありました。そんな山梨県、車窓からの眺めはどうでしょう。

お天気最高!それだけで山々が美しく見える!ワクワク感を盛り上げてくれます。

雲も色と形を変えて楽しませてくれます。やっぱり天気は大事です。テルテル坊主を作ろうとして作らなかったおかげ。

小淵沢に到着

小淵沢からはこの電車「小海線(こうみせん)」に乗り換えです。この電車はとっても可愛く、車両は2両のみでドアも自動では開かないためボタンを押すと開きます。では電車に乗り込んで出発進行~!

山の中を走るのになぜか小海線という名前のこの路線ですが、甲斐小泉~海尻間は標高1,000m以上の高地を走っているんです。そしてJR鉄道では最高地点になる標高1345mに野辺山駅がある路線なんです。今回訪れる清里は2番目みたいなのですが、それでも高地にありましたよ!こんな高い場所で電車に乗る機会は今まで無かったので、車窓からの美しい富士山、南アルプス、八ヶ岳など見てるだけで癒されます。

テンション高めで清里駅に到着

景色を眺めているとアッと言う間に「清里駅」到着です。
電車から降りた瞬間、自然のアロマと感じてしまうほど木々やハーブなど美味しい空気と癒しの匂いが駅周辺を彩っていました。

期待がいっそう膨らむ中、到着したのは13時少し前でした。何か食べようかとも思ったのですが、13時30分にオルゴール体験を予約していたので、まずはオルゴール体験ができる「萌木の村」にある博物館「ホール・オブ・ホールズ」へ向かいます。

まずは出発前に駅前で富士山をパシャリ!綺麗ですね~。

駅前はこんな感じでヨーロッパのメルヘンを感じさせる可愛い雰囲気です。

街灯もおしゃれさん♪とっても可愛いです。

「萌木の村」に到着

テクテク歩くこと10分~15分ほどで「萌木の村」に到着です。そのままオルゴール体験を目指します。

萌木の村の中はワンちゃん同伴がOKのようで、途中でたくさんのワンちゃんにも出会えました。ウサギさんをお散歩させている人までいました!色々な生き物が楽しめる素敵な場所です。そんな景色を眺めながらテクテク歩き進めると、看板が見えてきました「オルゴール博物館」です。

第一目標のオルゴール製作体験をはじめる

早速、オルゴール博物館の「オルゴール製作体験工房」へお邪魔します。中では1組先客がいました。ちょうど体験を終えたところのようで、ホカホカの出来たてオルゴールを持って帰られていきました。そしたら笑顔のステキな女性が迎えてくれました、今日の先生のようです。

まずは好きな曲を選びます。曲目は、Jポップ、クラシック、アニメ音楽など様々な曲が用意されています。その後にオルゴールを入れるケースを選びます。

ピアノの形をした可愛いケースを選びました。曲目はジブリ耳をすませばの「カントリーロード」を選びました。

ケースと曲を決めたら早速オルゴール体験開始です。

ゼンマイを巻くときは、手を止めたらダメ!

まずは、2つの部品が用意されています。

 

金色のムーブメントゼンマイを巻き付けることから開始です。

このゼンマイですが、「ゼンマイ部分は人が触るためには出来ていないので、側面には絶対に触らないでください!」と注意を受けました。その理由は、とても鋭い金属のため触るとスパッと指が切れてしまうそうです。

そんな話聞いたら、それはもう慎重の慎重です。そっとゼンマイを巻こうと思った矢先、お姉さんよりもう一つ注意事項が!「ゼンマイを巻くときは手を止めず巻き終わるまでしっかり巻いてください」と。これはゼンマイを巻いている途中で手を止めてしまうと、巻くゼンマイがたわんでしまうからだそうです。「慎重に」されど「休まず」ゼンマイを巻きます。

ゼンマイを巻き終わるとオルゴール体験の最大の山場が登場です。ムーブメントに黒く光る部品「櫛歯(くしば)」を装着します。この櫛歯がムーブメントの突起に触れることににより、オルゴール独特のあの美しい音色が鳴るわけですね。

しかし・・・あの音色を手に入れるには、とても繊細な作業が待っていたのです。

櫛歯を突起に近づけ過ぎてもダメ!遠すぎてもダメ!・・・ここで私は気付いてしまったのです。カントリーロード、そう・・・この曲は、このオルゴール体験で用意されている曲の中でも音符の数が多く、実は難易度が高かった!悪戦苦闘している私を見かねて、先生が嘘か誠かそんな真実を教えてくれました。

この先生、笑顔はとてもステキなのに性格は「S」なのか、私にムーブメントと櫛歯は枝毛1本分の間隔でつけてくださいと言うではありませんか!私は自分の枝毛を探し、自らの髪の毛でその間隔を図ろうとしたところ「髪の毛を巻き込んだら大変なのでやめてくださいね」と笑顔で注意され、そんなこんな悪戦苦闘するなかやっと先生も納得してくれる音がでる位置を見出しました。

それがこれです!んん・・・写真だと悲しいかな、分かりにくいですね。。。でもこの位置を見出すのに私は50分もかかったんです、長い道のりでした。

最後はケースにムーブメントを取り付け、音の鳴り具合を確認して完成です。やっぱり自分で作ると音色も愛おしくなりますね、世界に一つの音色です。そして人間わがままですね、ひとつの欲求が解消されると、次の欲求が出てくるんですね。そう、私はお腹が空いたのです。

オルゴール体験の後は「ソフトクリーム」

オルゴール体験のお姉さんにオススメの観光名所や美味しいお店、牧場情報などを聞くと、お店を出てすぐの「フェアリーテイルズ」というカフェと雑貨のお店にあるソフトクリームが美味しいと紹介してくれました。

さっそく腹ごしらえです。ここで選んだのは、バラのソフトクリームです。口に入れた瞬間バラの香りが広がり今まで食べたことがない味でした。一口目より二口目、二口目より三口目と食べ進めていくうちにどんどん美味しくなるソフトクリームでとっても美味しかったです。このバラソフトはさっぱりもしているので、甘いものがあまりという人にもおすすめできます。

小腹を満たした後に、牧場へ訪れたり美味しいビールと夜ご飯を食べたり高原から絶景を眺めたりしたのですが、長くなりそうなので次回にご紹介したいと思います。

「オルゴール作りの旅へGo Go清里高原[山梨]②はこちら」

この記事をシェアしてみませんか?