2014年4月27日(日)、茨城県の「竜神大吊橋」に旅行へ行ってきました。予想以上に楽しい旅だったのでご紹介したいと思います。

旅マップ

行先の決め手は「納豆」というパワーワード

今回の旅行は突発的といいますか・・・まぁ毎度そうなんですけど「どこ行くぅ~?」みたいな感じで話がはじまります。候補地はたくさんありました・・・「新潟の佐渡」「三重の伊勢神宮」「富山のトロッコ列車」などインスタ映えしそうな場所ばかり行きたがるミーハーっぷりです。そんななか、誰かが言いました「納豆食いたい」と。

あとは先生に聞くだけです。グーグル先生「水戸じゃね?」・・・ということで、茨城県に絞ることにしました。納豆を食べに行くだけだと半日で終わってしまうので、その地域近くのイベントを探すことにしたのです。

その時ちょうどよく前日の4月26日からはじまった「竜神大吊橋の鯉のぼり祭り」が目に入りました。

竜神大吊橋の鯉のぼり祭り

ほら、行きたくなりますでしょ。
というわけでその日は用事もあったんですが、時間を調整して朝から車で出発となりました。

もう食べるんかい~!

改めて言う事でもないですが、本日のノルマは「納豆」「こいのぼり」「海浜公園」「神社」の4つです。

「鯉のぼり祭り」は混んでると予想していたのでまずは直行で!早めに!到着しよう!ということになりました。

朝7時に都内を出発しまして、途中交通事故で渋滞になっていましたが・・・意外とスムーズに進みます。

約2時間ほどで友部サービスエリアに到着しました。ここで、朝食と称してなぜかもう「納豆食っちゃおうぜ」モードに入ります。確かに友部サービスエリアは茨城県笠間市にありますので、「茨城で納豆を食べる」という意味では間違いありません。ただ、サービスエリアはどうなのでしょう・・・地元の人が収穫した「獲れたてだぞ!」ってやつを感じられるのでしょうか。しかし、目に入ってしまったのです・・・納豆名物「イカ納豆丼」。な、なんというパワーワード。全員「これは有りです」状態になりましたので、目標クリアとなりました。

そういや納豆ってかき混ぜたほうが美味しいっていいますけど、私は2、3回転でいい派です。

そして竜神様を目指し再出発です。何としても混雑は避けたい一心で向かうのでありました。

竜神大吊橋の鯉のぼり祭りは、ッパネェっす。

都内から休憩いれて大体3時間半くらいで到着しました。

大吊橋|鯉のぼり祭り

きたわよーーーーーー!!!

鯉のぼりが1000匹も泳いでるわよーーーー!!!

空いてるわよーーーー!!!

というテンションになる場所です。

大吊橋|鯉のぼり祭り2

ちょっと分かりづらいですが、左端にあるのが竜神大吊橋で、本州で一番長い375メートルの橋でございます。ここは、入場料大人310円(撮影時点)で渡ることができるということで、渡ってやりました。えぇ、高いところが苦手だとしてもです。

「ゆ、揺れるよ母さん」
「ちびっ子よ、どうしてそんなにジャンプするんだい」
「お婆ちゃんよ、なぜそんなに歩く速度が速いんだい」

そんなことを思っていると「うおおおおお!」という歓声があがり、恐る恐るそっちのほうを見てみるとバンジーしてる人がいるじゃないですか・・・。

なんですか、その自殺願望あげあげな人たちは。。

というわけで、この先は写真を撮る余裕もなく、向こう側へ渡り、そしてまた無残にも往復したのでした。

ある程度の風が必要だよね、鯉のぼりってさ

鯉のぼりが1000匹もいて、下はダムで、景色は自然で、壮観な橋がこの場所の魅力です。吹き抜ける風で鯉のぼりが空を飛んでる景色、わかりますか?最高ですよね・・・ほら、これ見てください。

大吊橋|鯉のぼり祭り

めっちゃ泳いで・・・ないし!!!
これじゃ干物だし!!

残念ながら私の行った時間はほぼ無風でしたが、たまに吹く風で鯉のぼりが泳ぐ姿はとても素敵なものでした。ただバンジーはやりませんよ。

竜神大吊橋 公式サイトはこちら

国営ひたち海浜公園に行ってみる

時間もまだ昼前だったので、次の場所を目指しました。国営ひたち海浜公園で今メインになってる「ネモフィラ」を見に行きます。

この場所はひたちなか市にあり、竜神大吊橋から大体1時間半くらいでしょうか・・・。到着目前で異常な渋滞に巻き込まれました。思わず「茨城県民全員いるんじゃね?」と呟いてしまったほどです。どうやらここにはニューポートひたちなかファッションクルーズなるものがあり、ほかにもコストコや電気屋がワラワラと集まってる場所だったようです、そりゃ混むね。

人が多くちゃ感動も薄れる

なんだかんだで、渋滞と格闘しながらも到着したわけですが、国営ひたち海浜公園もまた人だらけ・・・。写真を撮ってみるものの案の定、

国営ひたち海浜公園のネモフィラ

人が去るタイミングを狙ってもかならず人が映り込みます。

50枚くらい撮って一番人が映らなかった写真です

もうなんだか人の波に疲れてしまい、時間もなんだかんだで15時になったので・・・ごはん食べて帰ることにしました。

「海鮮レストラン 大洗 お魚食堂」に立ち寄る

 海鮮レストラン 大洗 お魚食堂

やだ!素敵!

とういうわけで、弾丸トラベルでございました。
帰りの車中で「茨城は山から海へと変わった」とキレイにまとめました。

旅は行き当たりばったりが一番

久しぶりだと疲れます。でも旅は楽しい!間違いない。

これからまた暖かくなってきますので、近いうちにまたどこかへ行こうと思います。穴場スポットなどありましたら是非教えてください、お待ちしております。

この記事をシェアしてみませんか?