今回ご紹介するのは、世界遺産にも登録されているドイツのテューリンゲン州にあるお城「ヴァルトブルク城」です。

旅マップ

「ヴァルトブルク城」の歴史

その歴史は10世紀まで遡ります。このお城の名前ヴァルトブルク(Wartburg)は、Wartは「待て」、burgは「汝我が城」という意味を表しています。テューリンゲン伯ルートヴィヒ・デア・シュプリンガー(テューリンゲン伯とはドイツ・テューリンゲン州を支配していた一族)が、この地で山頂を眺め「待て汝我が城となれ」と、お城の建築を命じたことから、今日まで伝えられているそうです。山に向かって語りかけ、お城になれと命じる伯爵様・・・スケールが違います。

そんな伯爵様が一目で魅入られお城を建ててしまうほどの山、とっても魅力的な土地であったのでしょうね。現在では、山頂にあるヴァルトブルク城の周りには古城ホテルやレストランもあり、そこは街を一望できる場所になっていますので、街の景色を見下ろせばきっとこの土地の支配者になった気分を味わえることでしょう。

景色以外にもとても歴史があるお城のため、お城の中には美しいフレスコ画や楽器、調度品を見ることができます。この地はテューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世の妃であるハンガリー王女のエリーザベトが4歳で嫁いできた場所としても知られていて、またワーグナーの歌劇「タンホイザー」の舞台としても知られています。

ヴァルトブルク城の風景

食文化

ドイツは陸地続きの土地のため、魚介類よりお肉やお野菜が中心で、チーズやハム、ワインなども造られています。あと忘れてはいけませんね、ドイツといえば何といってもソーセージですね!ドイツ国内でも地域によってソーセージは作り方が違うそうで、土地ごとで違った味を楽しめるのも特長です。

By: mpellegr

レストラン情報

素敵な雰囲気でビールを堪能するなら「Wirtshaus Christoffel」

住所
Michaelisstrasse 41, 99084 Erfurt, Thuringia, Germany

歩き疲れた身体に甘くて美味しいアイスクリームを「San Remo – Gelateria Italiana」

住所
Marktstraße 2, Erfurt, Thuringia, Germany

最後に

ドイツというと、古城のメッカというイメージが強い気がします。その中でも、素敵な景色を味わえる「ヴァルトブルク城」では、山の上から君主気分を一時でも味わえる貴重な場所になっています。美味しいビールを片手に、ソーセージを食べながら宴をして、最高の夜を満喫してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしてみませんか?