一歩お外へ出ると、汗が止まらない日々ですね。 皆さんは汗を拭うのに何を使っていますか。 今日ご紹介するのは、そんな汗を拭うのに使える日本の伝統「手ぬぐい」をご紹介します。 手ぬぐいというと、私はお土産屋さんで買うイメージがとても強いです。 色々な柄があり、選ぶときにはワクワクしちゃいます♪ 手ぬぐいの歴史はなんと、平安時代から始まっているようです。
手拭の歴史は、日本の織物の歴史でもあり、古くは麻や絹でできた平織物であった。平安時代から養老律令の衣服令により、庶民は麻を高貴な者が絹織物を使用した。綿はおもに中国大陸などから輸入され絹より高価であったが、江戸時代初頭の前後に、日本でも大々的に栽培されるようになり普及した。また、用途においても神仏の清掃以外では、神事などの装身具や、儀礼や日除けなどにおいての被り物(簡易の帽子や頭巾)であったとされ、普及するにつれ手拭きとしての前掛けなどの役割を帯びていったと考えられている。(Wikipedia引用
手ぬぐいについて調べてみると、色々な使い方できることがわかりましたよ。 汗を拭い以外に、ティッシュの箱を包むのに使ったり、ペットボトルを包んだりと、包み方が色々とあり、いろんな物を包むのに使える万能な布なんですよ。 出かける際には、2枚くらい鞄に忍ばせておけば、汗を拭く以外にいざという時に、何かを包むのに使えるかもしれませんよ。

その他の写真

By: senov

By: senov

この記事をシェアしてみませんか?