今回ご紹介したいのはPBSが公開している「The Way of the Samurai(侍の道)」です。徳川家康が200年以上の間、日本を支配していた時代背景を紹介しています(多分)。英語で何言ってるかわからなくてもヒシヒシと伝わってくるほど日本の歴史がカッコよく描かれています。55分と長いので週末にゆっくり観てください。こんな映像があるとやはり海外の人が今でも日本に「侍」がいると信じてしまうでしょう。そして日本人はもっとこういう伝統を大事にすべきだと思います。 http://www.youtube.com/watch?v=VmJwBV_iJRQ
この記事をシェアしてみませんか?