東日本大震災で7万本の松ほぼ全てがなぎ倒され壊滅したなか、1本だけ残った「奇跡の一本松」と呼ばれる松があるのはご存知ですか?とはいったものの、海水が土壌に染み込み徐々に衰弱が進んで枯死してしまっていました。しかし復興のシンボルとして一本松の保存に乗り出すことを決めた陸前高田市は2012年9月12日より工事を進めています。しかしながら、復元費用に1億5000万円がかかる事で賛否両論の声があがっています。あなたは支持しますか?反対ですか?
2013年2月13日 12:42 (J-CASTニュース)

陸前高田市で「奇跡の一本松」の復元作業が始まる

東日本大震災で壊滅した岩手県陸前高田市の名勝「高田松原」。7万本もあった松のうち一本だけ残った「奇跡の一本松」の復元作業が2013年2月12日から現地で始まった。[続きはこちら] (MSNトピックスより引用

奇跡の一本松

約7万本と言われる高田松原のほとんどが東日本大震災の津波によって流されてしまいました。その中で唯一耐え残ったのが「奇跡の一本松」です。海水により平成24年5月に枯死が確認されましたが、「奇跡の一本松保存プロジェクト」によって保存整備を現在おこなっています。写真は2011年7月30日。(陸前高田市 奇跡の一本松

その他の写真

By: Shinji WATANABE|(2012.8.19)

By: Shinji WATANABE|(2012.8.19)

By: Hajime NAKANO|(2011.8.6)

By: Hajime NAKANO|(2011.7.23)

By: Hajime NAKANO|(2011.7.30)

By: Hajime NAKANO|(2012.2.11)

By: Hajime NAKANO|(2011.8.6)

By: Hajime NAKANO|(2011.7.29)

2013年1月29日 岩手県陸前高田市の現状

この記事をシェアしてみませんか?