浮世絵師といえば葛飾北斎や歌川広重がパッと浮かぶ方が多いかと思います。今回は川瀬巴水(かわせ はすい)をピックアップしてみたいと思います。川瀬巴水は、どちらかというと日本国内より欧米での評価が非常に高く、近代風景版画の第一人者なのです。日本各地を旅行し、日本の美しい風景を叙情豊かに表現した作品は、現代のカメラでは伝わらないぬくもりを感じることができます。

馬込の月[1930年]

暮之雪(江戸川)[1932年]

Source: flickr.com via Tom on Pinterest

潮来の夕[1930年]

目黒不動堂[1931年]

Source: artelino.com via Bill on Pinterest

錦帯橋の春宵[1947年]

松山城名月[1953年]

Source: artelino.com via Bill on Pinterest

鎌倉妙本寺(海棠)[1931年]

Source: artelino.com via Bill on Pinterest

明治神宮菖蒲園[1951年]

狩勝峠[1931年]

菖蒲(アイリス)[1929年]

春の愛宕山[1921年]

Source: hanga.com via Patty on Pinterest

天草本領[1937年]

清洲橋[1931年]

舟津の秋[1943年]

この記事をシェアしてみませんか?