スペインの宿泊施設「パラドール デ グラナダ」は、パラドールと呼ばれるスペインの高級な部類に入るホテルチェーンの事を指します。もちろん高級なだけではわざわざご紹介はしませんが、その特徴は古城などを改装してできたホテルというところにあるます。

旅マップ

パラドール デ グラナダは、どんなとこ?

パラドール デ グラナダはアルハンブラ宮殿という宮殿の中にあるホテルです。
アルハンブラ宮殿はスペイン南側のグラナダという地域の丘の上に建つ宮殿で、建てられたの9世紀頃とされています。この宮殿はもともと城塞としての意味もあり、宮殿内には学校や官庁、モスク、庭園や墓地などがあり、宮殿でありながら一つの小さな町としての役割も果たしていました。そのため「アルハンブラ宮殿」という一つの名前の場所ではありますが、その中にはお庭や門、軍事施設、噴水などなど見どころが満載で一日では満足に全てを観て回れないほどです。

そこで出てくる選択肢がパラドール デ グラナダです。アルハンブラ宮殿自体が丘の上にあるので、訪れるのにも多少の時間をかけなくてはいけず、日帰りでは全てを満足に観て歩くこともできません。しかひパラドールに泊まればお散歩気分で宮殿内を散策でき、疲れればホテルに戻れるという一石二鳥の状態になります。もしアルハンブラ宮殿をゆっくり時間に追われることなく見て周りたい、ということであればぜひぜひパラドール デ グラナダに宿泊してください。

パラドール デ グラナダの風景

食文化

スペインと言うとバルですよね。軽食とお酒を陽気に楽しむ空間。日本でも近年ではよく見かける形になりました。スペインバルではお酒はもちろんですが、やっぱり美味しい生ハムやアヒージョなどなどつまみながら、美味しいものがたくさんで魅力的です。ガッツリ1店舗でパエリアのような食事を楽しむのも良いですが、バルのような場所を何件かはしごして各お店の特徴を楽しむの良いですよね。

By: Krista

レストラン情報

伝統と挑戦を感じるスペイン料理「Restaurante Nemesis」

住所
Calle de Luis Braille, 6, 18005 Granada, Spain

最後に

日本国内ですと古城に宿泊する機会はなかなかないですよね(もしかしたらあるのかもしれませんが…確認不足ですみません)、ヨーロッパですと今回ご紹介したスペインの「パラドール デ グラナダ」や、ドイツなどでも古城ホテルに泊まれます何百年という年月、ずっとその場所にあり色々なものを見てきた建物に宿泊できるというのは、なんともロマンを感じてしまいます。スペインへ旅に行く際は、ぜひぜひそんなロマン時間を体感しにパラドールに宿泊してみてください。

この記事をシェアしてみませんか?