京都は盆地で知られる場所ですね。夏は暑く、冬は寒いといった気候で春秋以外は、なかなか過ごしにくい土地柄です。 そんな盆地に位置する京都ですが、夏を涼しく楽しむために先人達が考えた文化とも言える「川床」があります。 納涼床とも呼ばれている川床、料理店や茶屋が川の上や、屋外の川の良く見える場所に座敷をつくり、料理やお酒などを楽しめるようにしてできたものです。 なんと川床の気温は炎天下の場合でも、京都市内の平均気温より5℃~10℃ほど違うそうで、夜は肌寒さを感じるほど涼しく夏場の京都でも、川床に行く際は薄手の長そでを持っていった方が良いみたいですよ。 歴史は江戸時代からとも言われており、戦乱の後に鴨川の河原は見世物や物売りで賑わい、それに伴い川周辺に茶屋などが多く建つようになったそうです。これが川床も始まりと言われています。 川床は5月~9月頃までの間、鴨川、貴船、高雄、鷹峯など地域で楽しむことができます。 現在ではなんと、京都三条大橋のスターバックスでも川床が用意されており気軽に楽しむことができるそうですよ。 今回、動画でご紹介するのは舞妓さんの舞が見れたり、お酌をしてくれたりと、京都を心行くまで楽しむことのできる京都高雄にある旅館「もみぢ家 別館」さんの川床の様子です。 気軽に川床を楽しむのも良いですが、せっかく京都に行くならやはり舞妓さんに、美味しい京料理にとを楽しんでみたいですよね。

鴨川の川床

二条から五条にかけて約90軒のお店が並んでいます。 先にご紹介したスターバックスもこちらで楽しむことができるように、京料理以外にも中華や焼き肉、イタリアンなど色々な料理が楽しめる場所です。

貴船の川床

貴船口駅から貴船神社の間に約20軒のお店が並んでいます。自然に囲まれており、京料理や流しそうめんなどを緑に囲まれて楽しむことができる場所です。ご家族で行くのにおすすめな場所かもしれませんね。

By: sprklg


高雄の川床

なんとここは、6月中頃~7月中頃まで天然記念物の源氏ぼたるが見える川床です。 気温も京都市内に比べると3℃~5℃ほど低く、とても涼しい場所です。 川床のつくられ方にも特徴があり、清滝川に張り出すように一段高い位置にたてられた床で屋根が有ります。 天然鮎、京野菜など旬の食材を使ったお料理を楽しむことができます。

京都に行きたくてたまらなくなったと思いますので、京都場所をご存知かとは思いますが載せておきますね。

今回の旅マップ


その他の写真

この記事をシェアしてみませんか?