神楽を実際に見たことはありますか?私は幼い頃に神社で見たことがあるのですが、日常とはやはり違う空気を感じた記憶があります。 神楽の神道の神事(神社での神事)において神様に奉納するため奏される歌舞です。 主に神社で行われるものですが、まれにお寺さんで行われることもあるらしいですよ。 神楽の歴史
神社の祭礼などで見受けられ、まれに寺院でも行われる。平安中期に様式が完成したとされ、約90首の神楽歌が存在する。神楽は、神社に「神楽殿」がある場合、そこで行われる事が多い。 一般に、「かぐら」の語源は「神座」(かむくら・かみくら)が転じたとされる。神座は「神の宿るところ」「招魂・鎮魂を行う場所」を意味し、神座に神々を降ろし、巫・巫女が人々の穢れを祓ったり、神懸かりして人々と交流するなど神人一体の宴の場であり、そこでの歌舞が神楽と呼ばれるようになったとされる。古事記・日本書紀の岩戸隠れの段でアメノウズメが神懸りして舞った舞いが神楽の起源とされる。アメノウズメの子孫とされる猿女君が宮中で鎮魂の儀に関わるため、本来神楽は招魂・鎮魂・魂振に伴う神遊びだったとも考えられる。 神楽は、宮中の御神楽(みかぐら)と、民間の里神楽(さとかぐら)に分けられる。また幾つかの神社では、近代に作られた神楽も行われている。(Wikipedia引用
神楽は神様を地上に呼んで一緒に宴などをするために、人の穢れを祓うものだったんですね!
この記事をシェアしてみませんか?