アメリカにある日本の風景「ジャパニーズ・ティー・ガーデン」

今回はちょっと視点を変えて、海外にある日本をピックアップしてみました。

アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコにあるゴールデン・ゲート・パークという公園内に日本庭園「ジャパニーズ・ティー・ガーデン」があることをご存知ですか?この日本庭園は、もともと1894年に開催されたカリフォルニア冬季国際博覧会の際に特設のアトラクションとして造られ、庭園の美しさを多くの人が感じてくれたことから形を変えて今でも愛されています。

どんな歴史があるのか?

当時、この庭園は萩原真さん(1857-1925)という庭師の方が管理人として運営されていて、金魚や鯉、1000本以上の桜を日本から取り寄せて造り上げられたそうです。園内には五重塔もあり、この五重塔は日本から送られた資材で建設されました。

過去には、第二次世界大戦の際に一時的に「オリエンタル・ティー・ガーデン」という名前に変更されたそうなのですが、1952年に「ジャパニーズ・ティー・ガーデン」へ名前が戻された、なんて歴史があります。どの国の人でも感じるものだと思いますが、国が育てた文化によって建物や食べ物、美意識や政治意識などは様々ですよね。そんな自国にはない文化的なものに多少なりとも憧れ、自分の国にはないものを実際に見たいと思い海外旅行をする人が多いと思います。逆に、日本にある当たり前を海外の方が褒めてくださったり、改めて日本の素晴らしい部分を教えてくれたりする場面がありますよね。この「ジャパニーズ・ティー・ガーデン」もそんな中の一つで、アメリカで日本の美を愛してくれている場所のひとつです。日本人としてはやはり嬉しい限りですよね!

公式サイトは「Japanese Tea Garden」です。

今回の旅マップ

ジャパニーズ・ティー・ガーデンの風景

サンフランシスコは、どんなとこ?

サンフランシスコといえば、アメリカ西海岸にある大都市です。その中でも特に有名な「ゴールデンゲート・ブリッジ」は、圧巻の橋としても知られています。その他にも、観光地として人気をあつめるサンフランシスコですので、マジックショーの劇場やオペラ劇場、入ったら脱獄は不可能として知られていた牢獄「アルカトラズ島」など、色々なアミューズメントがある場所です。日本人で移住している人も多いようで、治安も比較的良いとの評判です。

レストラン情報

サンフランシスコは各国の人たちが集まる大都市ですので、朝昼晩と食べるのが楽しくなる場所です。海に近いことから魚介類も美味しいですよ。食は人をつくる基本といいますから、美味しく楽しく食事ができる環境がやっぱり最高ですね。

地元の古き良きシカゴスタイルのピザ「Little Star Pizza」

住所
846 Divisadero St, San Francisco, CA 94117 アメリカ合衆国

最後に

海外にある「日本」、知るとやっぱり嬉しいです。海外旅行に行き、その土地独特のものを楽しむのはもちろん楽しいですが、海外にある日本を探してみるのも面白いかもしれません。私はポルトガルへ訪れた際に、現地の人に日本語の「カステラ」など、『日本語の語源がポルトガル語っていうのも多いんだよ』と、教えていただいたのを思い出しました。きっと、どの国の人であっても他国で自国のものが根付いてるというのは嬉しいことで、もちろんすべてが素晴らしい歴史ではないのかもしれませんが、現代に生きる私たちは1つでも多く知っておく必要があると思います。海外へ行かれる際は、日本探しをぜひぜひチャレンジしてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?