[世界]水が魅せてくれる雄大な自然「イグアスの滝」

ここのところ日本国内では、集中豪雨での大きな被害や、かと思えば雨が降らず水不足になっている場所もあり、水の偉大と脅威を示されている気がしますね。
今回はそんな自然が示してくれる水の偉大さを、実際に目の当りにできる世界最大の滝「イグアスの滝」についてご紹介します。
アルゼンチンとブラジルの二国に跨るこの大きな滝です。

いつも調べるのに重宝しておりますwikipediaさんによると。

パラナ川との合流点より23㎞上流のイグアス川にあり、季節で変化する水量により150から300の瀑布が出現する。最大の瀑布である悪魔の喉笛は高さ82m、幅150mのU字型で長さ700mに亘る。玄武岩からなるパラナ高原の端にあり、100年で30㎝削られ上流へ後退している。パラナ川のやや下流のアルゼンチンとパラグアイ国境に世界2位の発電規模を持つイタイプダムがある。(wikipedia引用

最大落差80m以上あるんですね?!想像をするのすら難しいですね!ビックリです。
イグアスの観光は歩きはもちろんのことながら、船やヘリコプターなどでも楽しむことができるそうですよ。一度は実際にこの目で見てみたいな~。と思いますよね。
実際にはすぐに見る事は難しいと思いますので、今回もイグアスの滝の場所と映像をみて滝の偉大さを楽しんでください。


今回の旅マップ(遠いですね!)


その他の写真

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)