夜空を彩る日本三大花火大会

7月もあっという間に半ばを迎えましたね。
すでに暑い日が続いてますが、まだまだ夏はこれからです。
家族と楽しむ夏、恋人と楽しむ夏、友人と楽しむ夏、一人で楽しむ夏。色々な夏がありますね。
さてさて、そん夏の風物詩の一つが花火大会。
8月に入ると全国の花火大会が目白押しな時期になってきますが、今回は日本三大花火大会をご紹介したいと思います。


全国花火競技大会(秋田県大仙市)

8月第4土曜日に開催される花火大会です。
秋田県大仙市大曲地区で開催されることから「大曲の花火」とも呼ばれ、18,000発の花火が打ち上げれる花火大会です。


土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)

この花火大会は夏ではなく秋の、10月第1土曜に毎年開催されています。
2011年までは日本唯一の、秋に開催されていた花火大会だったようです。
打ち上げらる花火は20,000発で、毎年約80万人という沢山の方々が見物に訪れるそうですよ。

By: inoc

長岡まつり大花火大会(新潟県長岡市)

この花火大会は、他の花火大会とは開催日が曜日ではなく毎年08月2日、3日と日にちが決まっている大会です。
土浦全国花火競技大会と同様、打ち上げられる花火は20,000発です。
8月1日の前夜祭には灯篭流しや大民謡流し、悠久太鼓の演奏が、長岡駅前大手通りとすずらん通りで開催されています。

By: Joi Ito

その他の写真

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)