紙からできているとは思えない色とりどりの伝統雑貨「カルトナージュ」[フランス]

知識

旅曲が今回ご紹介するのはフランス生まれの伝統工芸「カルトナージュ」です。カルトナージュとはカルトンと呼ばれる厚紙を箱やバッグなど、自分好みの形にし、その上に色とりどりの布や紙を張り合わせてつくる雑貨のことです。起源は18世紀ころと言われているそうで、当時の南仏の香水商人さんが香水を運ぶやめに入れる箱が始まりではないかと言われているそうですよ。オシャレな国というイメージのフランス、貨物を運ぶ箱もオシャレだっだんですね。さすがです。制作には基本的に厚紙を形作るのとそれに好きな布や紙を貼るという手軽さから、フランス本国ではもちろんヨーロッパ各国や日本でも人気の習い事となっているようです。習わずとも自宅にある空き箱に好きな布や紙を貼り付けたら、なんちゃってカルトナージュになりそうですよね。何か始めたいと思っている方にはおすすめの伝統工芸かもしれません。

スポット写真

食文化

フランスは美食の国ですよね。キャビアにフォアグラ、トリュフなどの高級食材から、シャンパンやワインの美味しいお酒たち。海の幸に山の幸、種類豊富なチーズ類、チョコレートやマカロンなどの美味しいスイーツたちにバケットやハムなどなど。挙げたら切りがないほど、美味しい食べ物たちが浮かんできちゃいます。やはりフランスに行くなら食も目一杯楽しみたいですよね。

レストラン情報

プライベートビーチを望む素敵レストラン「La Vague d’Or」

住所
Plage de la bouillabaisse | La Residence de la Pinede, Saint-Tropez, France

日本人シェフが腕をふるう洗練された地中海料理「Le Séjour Café」

住所
11 Rue Grimaldi, Nice, France

最後に

南仏で生まれたとされるカルトナージュ。切って貼るだけで簡単に出来てしまうので、技術よりセンスが物を言う伝統工芸かもしれません。南仏へ実際に訪れて、南フランス地方の豊かな自然が見せてくれる色とりどりの景色を目にして、目にしたものからカルトナージュを作ったらきっと素敵なものができちゃうかもしれません。ぜひぜひご興味のある方は「南フランスの旅」→「カルトナージュ作り」のコースを試してみてください。