インドにある仏教石窟寺院群「アジャンター石窟群」は、インドのマハラーシュートラ州北部にあるワゴーラー川という川沿いをくり抜いて造られた石窟寺院です。私自身、あまり宗教観念がないので信心深い人には怒られてしまうかもしれませんが、お寺などで耳にする「お経」はとても心地よく、聞いてると力が溢れてくるような気分が味わえます。そんな時間を与えてくれる仏教ですが、日本人にとっては一番馴染み深い宗教といってもいいでしょう。このアジャンター石窟群は、東アジアの仏教文化にとって元祖とも言われているほど大きな影響力のあったとても意味深い場所として知られています。仏教石窟には2種類あって、ひとつは木造や煉瓦造で建てられるヴィハーラと呼ばれる僧院を石窟で造った「ヴィハーラ窟」というもの。もうひとつはブッダを象徴するチャイティヤと呼ばれる聖なるものを仏塔つくり据えられた「チャイティヤ窟」があります。

アジャンター石窟群では、30ある石窟のうち5つがチャイティヤ窟で、残りは全てヴィハーラ窟になっています。アジャンター石窟群では約1300年前に築き上げられた美しい壁画や彫刻を見ることができます。

Ajanta Caves Information Portal

旅マップ

アジャンター石窟群のある街「オーランガバード」

オーランガバードは、600年頃までは都市でなく村だった場所です。その当時のムガル帝国第6代皇帝オウラングゼーブが晩年を過ごしたことで、自らの名前を模して「オーランガバード」と命名され、現在もこの名前で残っています。年間を通してとても暑い気候で、最も寒い冬の11月~2月でも28度を下回る気温にはほぼなりません。そんな気候もあって観光に適しているのは夏場ではなく、冬の時期が良いそうで、夏は暑すぎてのびてしまうかもしれません。

観光としては、アジャンター石窟群以外に世界遺産に登録されている「エローラ石窟群」や、タージ・マハルを真似て作られた霊廟「ビービー・カ・マクバラー」などもあり、インド文化を満喫できる街としてとても人気があります。

食文化

インドといえばカレーです。日本の定番カレーやタイカレーも良いですが・・・インドカレーのスパイス感はたまらないですね。私はカレー以外ですとサモサも大好きです。オーランガバードは観光で訪れる外国人も多いため、ちょっと高級感のあるお店ではカレー以外にアジア料理やピザやパスタを出すお店も多いようです。

By: Melanie M

レストラン情報

地元の人にも人気があるレストラン「Green Leaf vegetarian cuisine」

住所
Shop No 6 to 9, Block J B, Beside Inox Tapadiya, Town Centre, N 1, Cidco, Aurangabad, Maharashtra 431001 インド

立地も食事もサービスも満点「ガーデン・コート・ファミリー・レストラン・アンド・バー」

住所
Near Surya Lawns, Devlai Chowk, Beed Bypass Rd, Aurangabad, Maharashtra 431007 インド

最後に

インドは魅力的な土地だと聞きます。インドのイメージはなんとなく「パワーが溢れる土地!」という印象があります。人口もそうですが、教育やIT技術など数字に強く、また語学力に長けたインドの人たち。そんなインドの人たちを育てるインド文化や自然に一度は触れてみたいですね。仏教に興味を持ちましたら「アジャンター石窟群」に訪れて、しっかり仏教の歴史に触れてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?