[インド]東アジア仏教文化の歴史を感じられる「アジャンター石窟群」

知識

http://ajantacaves.com/

インドにある仏教文化の歴史を知る場所「アジャンター石窟群」

今回はインドにある仏教石窟寺院群「アジャンター石窟群」をご紹介します。この石窟群はインドのマハラーシュートラ州北部にあるワゴーラー川という川沿いをくり抜いて造られた石窟寺院です。私自身はあまり宗教観念がなく信心深い人には怒られてしまうかもしれませんが、お寺さんなどで耳するお経などはとても心地よく聞いていると力が溢れてくるような気分が味わえとても好きな時間でもあります。そんな時間を与えてくれる仏教、日本人にとっては一番馴染み深い宗教なのではないかと勝手に思っているのですが、この「アジャンター石窟群」は東アジアの仏教文化にとって元祖とも言われているほど大きな影響力のあった、とても意味深い場所として知られている場所だそうですよ。仏教石窟には2種類あるそうで、ひとつは木造や煉瓦造で建てられるヴィハーラと呼ばれる僧院を石窟で造った「ヴィハーラ窟」というものと、もうひとつはブッダを象徴するチャイティヤと呼ばれる聖なるものを仏塔つくり据えられた「チャイティヤ窟」があるそうです。アジャンター石窟群では30ある石窟のうち5つがチャイティヤ窟で残りは全てヴィハーラ窟だそうです。アジャンター石窟群では約1300年前に築き上げられた美しい壁画や彫刻を見ることができます。

Welcome to Ajanta Caves Information Resource


今回の旅マップ

アジャンター

アジャンター石窟群のある街オーランガバード

オーランガバードは600年頃までは都市ではなく村であった場所だそうです。その当時のムガル帝国第6代皇帝オウラングゼーブが晩年を過ごしたことで、自らの名前を模して「オーランガバード」と名付け今もこの名前で残っているそうですよ。年間を通してとても暑い気候で最も寒い冬の11月~2月でも28度を下回る気温にはほぼならないそうです。そのなため観光に適しているのは夏場ではなく冬の時期が良いそうで、夏は暑すぎてのびてしまうかもしれませんね。観光としてはアジャンター石窟群以外に世界遺産に登録されているエローラ石窟群もあり、またタージ・マハルを真似て作られた霊廟「ビービー・カ・マクバラー」などもありインド文化を満喫できる街としてとても人気のある土地です。


オーランガバードおすすめレストラン

インドといえばカレー~ですよね。日本の定番カレーやタイカレーも良いですが、インドカレーのスパイス感はたまらないですよね。私はカレー以外ですとサモサなんかも大好きです。オーランガバードは観光で訪れる外国人も多いため、ちょっと高級感のあるお店ではカレー以外にアジア料理やピザやパスタを出すお店も多いようです。それではオーランガバードおすすめのレストランをご紹介します。

カレーだけじゃないピザもパスタも中華も「Kream n Krunch」
住所:Plot no2 Jalna road | Opposite Big Bazar, Aurangabad, India
お店情報:http://www.kreamnkrunch.com/

色々な種類のカレーを少しずつ楽しむ「Madhuram thali restaurant」
住所:Nirala Bazar, Tapadiya Natya Mandir Chowk, Aurangabad, India
お店情報:レストランの場所


インドは魅力的な土地だと良く聞きますよね。私は訪れたことがないのですが、インドのイメージはなんとなくパワーが溢れる土地!という印象があります。人口もそうですが、教育やIT技術など数字に強くまた語学力に長けたインドの人たち。そんなインドの人たちを育てるインド文化や自然に一度は触れてみたいですよね。仏教に興味がある方もない方も「アジャンター石窟群」へ行き、仏教の歴史に触れてみてください~。