日本各地、日本海側では集中豪雨が続き、九州の一部では7月に1mmの雨も降らない程の猛暑になったりと、今年は特に異常気象を感じてしまいますね。 異常気象は下記のように定義付けられているようです。
気象庁では、「過去30年の気候に対して著しい偏りを示した天候」を異常気象と定義している。 世界気象機関では、「平均気温や降水量が平年より著しく偏り、その偏差が25年以上に1回しか起こらない程度の大きさの現象」を異常気象と定義している。(Wikipedia引用
25年~30年に一度の気象なんですね。。体調管理も難しいはずですね。 しかし折角の夏!できることなら夏を満喫したいですよね。 ではでは気象状況を気にしつつ、どうすれば夏を満喫できるか考えてみたのでご紹介したいと思います。

天気予報を小まめにチェックしておく

この方法は皆さんとっていると思います。基本ですね。天気予報をチェックしていれば多少なりとも、傘を持ち歩いたり、水分摂取を心がけることが意識してできますよね。

避難場所をチェックしておく

自分が住んでいる場所の学校などの緊急避難場所を調べておくのはもちろんですが、外出する際にも訪れる土地の避難場所をチェックしておくと、いざという時に慌てることなく行動をとることが可能になると思います。

非常食を備えておく

こちらは全ての天災に備える為には必要ですね。ある程度の水や、非常食を家に常備しておく。外出する際も多少の非常食を持っておく。これ以外にはお風呂の水をはっておくなどの方法がありますね。

雨具、水筒を持って出掛ける

雨傘や日傘、カッパ、水筒を持って出かけるのを心がけるだけで、ギラギラの太陽や突発的な雨を避け、体調を崩すことも少なくなりますよね。

以上が私が心がけている夏満喫対策です。皆さんはどのような対策をされているでしょうか?せっかくの夏を楽しむ為に、色々な工夫をしていきたいですね。皆さんも体調には気を付けて、異常気象に負けずまだまだ続く夏を満喫してください。
この記事をシェアしてみませんか?