2013年1月も半分が過ぎました。たまには、ちゃんと文章メインに書こうと思います。 BooByTrapを創りそして旅曲へと進んで早6年が経ちました。様々な方と知り合い、いろいろな経験をさせていただきいつも感謝しております、ありがとうございます。 はてさて、素人が0からのスタートでここまで作品を重ねてきて多くの知識と経験を得ることができました。人より珍しいことをしてきたわけでもなく、人より斬新なことをしてこれたわけではないですが・・・そろそろ自分の経験も綴るようにしていこうと思ったわけです。 きっかけは単純なもので、自分の意思にそぐわない結果が生まれた時に「モチベーション」が不安定になる。そうすると自問自答がはじまるんですよね。「これでいいのか」「このままでいいのか」「もっと良い道はないのか」という具合に。創作活動を続けていくと、これに必ずぶつかります。それは作品だけにではなく普段の私生活も含めてです。そうした時にいつも支えにしている言葉をご紹介したいと思います。 爾今生涯(じこんしょうがい) ご存じのかたもいらっしゃると思いますが、漫画「サラリーマン金太郎」でもこの言葉が使われています。 過去にすがることも時に大事ですが、悲観的になったり落ち込んでいる場面から抜け出せない時もあります。過去の出来事や、はたまた意にそぐわない場面に出くわしたり、自分ではどうしようもない状況になることだってあります。人は弱い生き物です。心がありますから。挫折や悲観、憤怒や失望、誘惑や嫌悪、いろいろな心の揺れで人は簡単に心のコントロールを失います。自分だけしかいない世の中だったらコントロールなんて必要ないです。しかしながら「相手」がいる限り、コントロールは出来るようにしておいたほうが良いと思います。自分のために、そして心配してくれている人の為に。 どんなに世の中が進歩・進化しようとも、変わらないものがあります。その1つが「ムカつく」です。相手にムカつくだけじゃありません、自分にも腹立たしくなることもあります。でもそれは後ろを振り返って起きている事象であって、今これから「ムカつく」をどう対処するかは自分次第になります。抑えきれず感情のままに行動をとる人もいれば、心を落ち着かせて冷静になる人もいるでしょう。良し悪しの話をしたいわけではありません。自分のこれからの生涯を「今」しっかり捉えることが大事ということです。 自分の目の前に道が2本あり、そのどちらかを選ぶだけが選択ではありません。もっとよく見れば3本4本と道があることに気づくことです。前向きに考えるということは苦渋の選択をすることではありません。 これからの生涯をどう進んでいくか迷ったら思い出してください。立ち止まってしまったら思い出してください。 自分の人生どこで区切ってもそこからが始まりなのだ 皆様が1日でも多く実のある日々を過ごせますように。
この記事をシェアしてみませんか?