撮影方法を考える

2012年10月12日ブログ

先日、iphone5が届きまして・・・約3年ぶりに3GSから機種変更したのであります。

2009年最初の撮影から今年になるまで、「Panasonic HDC-TM300」を愛用してきました。基本はこれで動画を撮ってきたわけですが・・・

性能はすばらしいです。しかしながら、長期戦になる撮影を考えると、連続稼動が1時間弱、充電に2時間。
充電池2個体制でやってましたが、間に合いません。

悩みました。えぇ、悩みました。
それはもう悩みすぎて三日三晩スルメしかノドを通らなかったくらいに。

そんな矢先に幸運のおっさんが現れ「お前にiphone5を授けよう」と自腹でiphone5を購入したわけです。

さてさて、iphone5はとても「手ぶれ補正」してくれます。歩きながら撮影しても結構画面が揺れません。
すばらしい。

しかしアル中で震えたがりの私にはまだまだ震えが止まりません。そこでD.I.Y(どこに行っても山田)の出番です!

iphone5ケース(1,980円)
ナット1/4サイズ(5円)となんか丸いやつ(15円)
瞬間接着剤(298円)

それをペタペタ工作をします。

瞬間接着剤を使い、真ん中らへんにペタリ!
もう見えてきましたね。

美しい。

美しい!

もうこれで、西野○なのように震えません!

ちなみにiphone5で撮影した動画は、movファイルで生成されます。
そして解像度「1920 x 1080」と満足のいく数字。
音声はご愛嬌というところですが、手軽さと充電のもちを考えれば即戦力です。

せっかくなのでこの超プラトニックエキセントリックアイフォンで撮影した動画の1コマを紹介。

おっとこれは、産まれて3ヶ月のシイ君でした。間違い間違い。

静止画にしてますが、動画の1コマを抜き出した画像です。
もちろん加工など一切しておりませぬ。(画像クリックすると本来の大きさで見れます)

これからは積極的にiphone5で撮影していきたいと思います。
iphone5サイコー!

でも、すでに側面が禿げました、softbankなだけに。