広さは日本の国土の約6倍もある大高原であり、海抜高度が最も高い世界最大級の高原「チベット高原」は、今でもチベットの先住民族が昔と変わらない生活を続けている地域です。

旅マップ

チベット高原の特長

緑広がる高原に自然と共存する人や動物が、お互いを尊重しながら生活している土地です。チベット高原へ行く場合は、中国から発行される「チベット入域許可書」というものが必要で、基本的にはツアーに参加しないと行けない場所でもあります。

「チベット入域許可書」というのも中国によるチベット支配の徹底と独立運動の抑制している側面があるといわれています。また、とても美しいこのチベット高原ですが・・・とても悲しい現実として中国の核廃棄物の処理場があちこちに点在しているそうです。現在、チベット高原のほとんどを中国が領有していますが、チベット亡命政府が領有を主張している場所でもあります。民族間の争いは、どの時代も無くなりません。その土地でしか育めない大自然がいつまでも残っていくことを切に願うばかりです。

チベット高原の風景

食文化

チベットの食文化は食材があまり採れないこともあり、質素な食事が多いようです。野菜や果物があるものの種類は限られているので、よく食べられているのはチベットに生息するヤク、羊、山羊などの生乳、バター、チーズなどが挙げられます。また、ハダカオオムギという大麦の粉でパンや麺も作られていて、主食には大麦を使ったものが出るそうです。

By: Yosomono[/caption]
By: Krista
By: Party Lin
By: ckmck[/caption]

最後に

世界最大級の高原「チベット高原」は、民族間の問題を抱えている場所ではありますがとても魅力がある場所です。日本では見ることができない広がる大地を一度は見てみたい!という方は、ツアーに申し込んでみてください。

この記事をシェアしてみませんか?