白川郷といえばやはり「合掌造り」が一番に浮かぶと思いますが、私がおススメしたいのは「四季折々の景色」です。雪であり、コスモスであり、桜や、田など原風景に酔いしれるのが好きな方には最適な場所です。世界遺産に登録され観光客が増加したことは良いことです。後は訪れる方たちのモラルによって、いつまでもこの景観を残し続けていただきたいですね。

今回の旅マップ

[map addr=”白川郷” zoom=”7″]

白川郷

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称になります。「合掌造り」で有名な地域ですね!1995年に世界遺産に登録されました。2013年も1月19日から週末だけライトアップされます。詳しくは「白川郷ライトアップ」をご覧くださいませ。

道の駅 白川郷

岐阜県大野郡白川村の国道156号上にあります。併設されている「合掌ミュージアム」では本物の合掌家屋を移築され展示されています。展示室は有料になっています。また、食堂や特産物コーナーもありますので、白川郷の地場食品が堪能できますよ!

大白川ダム

大白川ダム(おおしらかわダム)は、岐阜県大野郡白川村にあります。ダム湖の名は「白水湖」といいます。ダム湖が出来る前は、温泉が湧き出ていたのでその成分によってコバルトブルー色に見えると言われています。その湖のそばには滝もあり、素敵なスポットです。

メイン通り

観光案内所もあるこのメイン通りは、おみやげ屋、食事処などが建ち並んでいます。一本奥の道に進めば合掌造りの民家がドドドーン!っと貫禄を魅せはじめますよ!行楽シーズンは特に観光客で賑わい、合掌造りを撮る人々で溢れています。

By: hkflc

明善寺庫裡郷土館

白川郷にきたら必ず訪れたい場所ですね!一階にある囲炉裏なんて記念撮影にもってこいの場所だと思います。庫裡(くり)というのは、寺院の台所で住職やその家族が居住する区域のことをいいます。白川村で一番大きい合掌造りなので、是非訪れてください。

この記事をシェアしてみませんか?