溶岩からなる一枚岩の山にある古代都市「シーギリヤロック」[スリランカ]

スポット

http://travel-srilanka.jp/contents/022.html

岩山の上には王宮跡がスリランカの古代都市「シーギリヤロック」

旅曲が今回ご紹介するのは、スリランカにある「シーギリヤロック」です。シーギリヤロックは遠くから見ると普通の岩山に見えるのですが、近づくとなんと5世紀に栄えた古代都市の姿が見えてくるのです。シーギリヤの遺跡は5世紀にカッサパ1世が建造したと言われており、岩山を要塞として活用しその上に王宮が建てられており、王宮のある岩山を囲むように水路、庭園、貯蔵施設などと考えられるものが遺跡として残っております。岩山の中腹にはこの遺跡で一番の見どころとも言われている「シーギリヤ・レディ」と呼ばれている女性像が描かれているフレスコ画あります。このフレスコ画は現在では18体のみ残っているそうなのですが、風化する前までは500体もあったそうです。その当時はきっと圧巻のフレスコ画だったんでしょうね!またこのフレスコ画はスリランカの歴史上において唯一の非宗教的な壁画でもあるそうです。私の想像ではありますが、もしかしたら当時の王様は女性こそ神と思ってくれていたのかもしれませんね(笑)
フレスコ画の次に見えてくるのは踊り場のような場所に出るのですが、ここにはライオンを模ったと思われる像があるのですが今は足しか残っていないそうで、全ての形が残っていた頃はライオンの口に入っていくような構造で出来ていたのではないかと言われているそうですよ。おぉ、ライオンの口が閉じってしまったらどうしよ!?と想像してしまいます。
そしてそして、その先を進むとシーギリヤロックの頂上である王宮跡が待っています。素敵な景色と遺跡を見て周れるそうです。

古代都市シーギリヤ(Ancient City of Sigiriya) – スリランカ政府観光局


今回の旅マップ

Ancient City of Sigiriya

シーギリヤロックがある町マータレーについて
マータレーはスリランカ最大の都市コロンボの北東にある町です。この地域の主要産業は紅茶、ゴム、野菜、香辛料などの農業が盛んな土地です。シーギリヤロック以外にはアルヴィハーラ石窟寺院という寺院も有名なようで、このお寺はアヌラータブラ・ダンブッラ・ミヒンタレーに次ぐ古いお寺として古い経典が保存されているため仏教の歴史上でもとても有名な場所のようです。町自体は農業で栄えているだけはあり、野菜などの食料品を売り買いする人でいつも賑わっていて良きアジアの雰囲気を目の当たりにできる町のひとつです。


マータレーおすすめレストラン

スリランカ料理のイメージ写真

スリランカも日本同様、主食はお米です。お米に合わせて食べるのは鶏肉などのお肉、お野菜をはじめとし、海に囲まれた土地柄から新鮮な魚介類なども多く食べれます。味付けはスパイス大国のスリランカ、色々な香辛料で炒めたり煮たりした料理が食べられます。辛いものやタイ、ベトナム料理などが好きな方はスリランカ料理もきっと好きなはずです。ではではマータレにあるおすすめレストランをご紹介します。

中華からインドにスリランカ料理までアジア料理を制覇「Burger Inn」
住所:Kandy road, Matale, Matale 20140, Sri Lanka

本場のスリランカ料理を楽しむなら「Royal 100 spice garden 」
住所:Kawdupelelle, Matale, Sri Lanka


岩山に聳え立つ古代都市「シーギリヤ」。このような遺跡はその当時の宗教観などが反映された装飾物が多いのですが、このシーギリヤは該当する宗教がない遺跡や絵画をみることができる珍しい場所です。この珍しさはもちろん世界遺産にも登録されています。世界遺産巡りをしてみたいとお考えの方はぜひシーギリヤへ行ってみてはいかがでしょうか。不思議な遺跡と素敵な景色が待っていますよ。