ドラキュラ伯爵のモデルが生まれた地「シギショアラ歴史地区」[ルーマニア]

2014年11月4日スポット

旅曲が今回ご紹介するのはルーマニアの世界遺産「シギショアラ歴史地区」です。このシギショアラ歴史地区はルーマニアのちょうど中心部分に位置するシギショアラという街にある、12世紀以降に建造された城塞の区域の事を指します。

はじめに

この歴史地区は「ザ・中世の町並み!」と感じる城塞都市なのですが、その美しさから「ルーマニアの宝石」とも称えられるほどなんです。町並みが宝石なんてスゴイですよね!

見どころも歴史好きなら必ずそそられる修道院や教会、塔など長い年月を経ていまも残る文化的建物が満載です。その中でもおすすめなのは「ヴラド・ドラクル邸」です。ヴラド・ドラクルって誰とお思いの方も多いかと思います。

実はこの人ブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」に登場するドラキュラ伯爵のモデルとなった人なんです。
ヴラド氏は15世紀のワラキア公国の君主であったのですが、この当時キリスト教やイスラム教では重罪を犯した者に対して串刺しの刑で処刑が執行されていたそうです。それ自体は残忍性を当時の背景を考えると感じないのですが、この当時串刺しの刑に処されるのは農民などの民だったのですが、ヴラドは貴族をも罪を犯した者にはこの刑に処していたそうです。この時代に生きた人からは考えられ無かった、残忍性からドラキュラの異名がついたそうです。

現代では罪を犯せば身分関りなく裁かれるため、ある意味現代に近い平等性をもった人だったのかもしれませんね。因みにヴラド氏はドラキュラの異名を気に入っていたとされていて、その証拠に本人のサインで「ヴラド・ドラキュラ」と書かれたものも見つかっているそうです。

スポット写真

By: Frank Vassen
By: Aleksander Dragnes
By: Jason Rogers
By: Guillaume Baviere

食文化

ルーマニアは土地柄、小麦の生産に適した場所で、小麦とトウモロコシの生産がとてもある国です。そのためパンが基本的な主食でお米を食べることはほとんどないそうです。その他にルーマニアで造られるチーズは羊乳を使うことが主流で、牛乳で造ったチーズに比べるとやや癖のあるものが多いです。
ルーマニアでは魚介類があまりとれないため、魚料理は高級とされており基本的にはお肉、お野菜を主とした食事がほとんどで、調理方法は他の国同様、煮たり焼いたり炒めたりと色々な方法があります。

By: Kevin Hutchinson
By: Cristian Bortes
By: Jirka Matousek
By: young shanahan

レストラン情報

ルーマニア料理を始めアレンジ料理を楽しむ「Joseph T. Restaurant & Wine Bar」

住所
Sighisoara, str. Hermann Oberth 25, Sighisoara 545400, Romania

景色を楽しみながら伝統のルーマニア料理を「Concordia」

住所
Strada Hermann Oberth nr.1, Sighisoara, Romania

最後に

中世の町並みを満喫できる美しい「シギショアラ歴史地区」。昼間は散策にお茶にご飯にと楽しみ、夜は美女の方は外出禁止です。ドラキュラ伯爵に生き血を...なんてこともあるかもかもですからね。