地上の楽園がそこに「アルダブラ環礁」[セーシェル共和国]

旅曲が今回ご紹介するのはインド洋に浮かぶセーシェル共和国の環礁「アルダブラ環礁」です。
因みに環礁とはサンゴ礁隆起して円環状に広がるサンゴ礁のことを指すみたいです。
アルダブラ環礁には人の手がほとんど入っていないため、アルダブラゾウガメ始めアオウミガメ、タイマイなどの亀たちや多くの鳥類が生息しています。中でもゾウガメは世界最大級の生息地にもなっており15万頭をこえるカメさんたちが住んでいるそうです。他の土地で珍しいゾウガメがそこココにいるんですね。またアルダブラ環礁は環礁として世界第二位の規模を誇っており、海を囲んだ輪っかが大きく広がる姿はぜひ上空から見てみたい景色の一つです。

アルダブラ環礁があるセーシェル共和国という国ですが、インド洋に浮かぶアフリカ大陸から約1,300km離れた場所にある115の島々からなる国で、イギリス連邦の加盟国でもある場所です。セーシェルという名前の由来はイギリスではなく、17世紀ころにフランスの探検隊がこの地を調査などの目的のため訪れその結果、当時の首相の名前からとったと言われています。自分の名前がついた土地が世界遺産にも選ばれるなんて羨ましい限りですよね。国名はフランス人からですが、アルダブラ環礁については15世紀にヨーロッパ人として初めてポルトガルの船乗りが上陸しているそうなのですが、それ以前アラブ人の人たちには広く知られていたそうで「アルダブラ」という名前はそんなアラブの人たちが付けたと言われています。場所が場所だけに色々な国の人たちが船旅で訪れ、一時の休息をとる場所でもあったのかもしれませんね。

スポット写真

食文化

セーシェルはインド洋に浮かぶ島ですので、住んでいるのはアフリカ系の人たちがほとんどをしめる土地です。そんなアフリカ系の人たちも元々はフランスの奴隷として入ってきた人がほとんどであり、もともとセーシェルは無人島であったことから伝統料理と呼べるものはほとんどないそうです。それに加えお魚やココナッツ、バナナなど南国で採れる以外の食料品は自給できな土地ということもあり、普段たべるパンや野菜もスーパーマーケットで安くはない値段で売っているそうです。そん中で食材として良く採れる魚介類のお料理は種類もあるようで、お魚とココナッツ、香辛料をつかったカレーやフランスの影響を受けたお魚のソテー、お魚のシチューなど美味しいものが食べらるようです。

レストラン情報

カフェでゆっくりお茶や軽食を楽しむ「Kaz Zanana – Pink Salt」

住所
Revolution Avenue | P.O. Box 404, Victoria, Mahe Island 00248, Seychelles

カクテルと創作料理を楽しめる景色の素敵なレストラン「Pirogue Restaurant & Bar」

住所
Cote Dor, Anse Volbert, Praslin Island, Seychelles

最後に

セーシェルへは日本からですと、ドバイやシンガポール乗り継ぎなどどこかで乗り継ぎ17時間~20時間ほどかけて行けるそうです。近くは決してないですね…。ヨーロッパの人たちには人気の旅行地のようで、観光向けの宿泊施設やレストラン、ツアーなどもたくさんあるそうです。セーシェルには今回ご紹介したアルダブラ環礁以外にももう一つ「ヴァレ・ド・メ自然保護区」という名前で登録されている世界遺産がありヴァレ・ド・メ自然保護区では、とても珍しいフタゴヤシというヤシの実が二つくっついたようにできる木があります。珍しい動植物と透明度のとても高い海、夕日を眺めながらハンモックでゆらゆらとし、ゆったりした時間を満喫出来る場所です。この夏、旅先をまだ決めていない方は思い切ってセーシェル訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク