セゴビアは、スペインの首都であるマドリードから高速鉄道で30分程度の場所にある街です。世界遺産に登録されている旧市街は、高台の上に位置していてその眺めは圧巻です。セゴビア旧市街の見どころは水道橋ですが、個人的にはアルカサルという古城を猛プッシュしたいですね。この古城はとても美しく、なんと白雪姫のお城のモデルとしても知られています。もしかしたら、森に迷い込むと白雪姫と7人の小人に出会えるかもしれません。

もう一つの見どころである水道橋(東京の「すいどうばし」ではなく「すいどうきょう」です)は、高台にあったセゴビアは水の確保が大変だったため古代ローマ時代に建てられました。セゴビア旧市の丘上と同じ高さの水道橋をつくり、橋の上から水をひっぱり導水路を確保しています。そのため水が豊富な日本では見ない光景ですが、この橋の下には「水が通っていない」状態、つまり通路を兼ねた広間になってます。水を運ぶ目的でつくられたため、橋脚の基部でも幅が2.4mしかなく、最高長で地上30mもあるなんとも恐怖を煽ってくれる橋になっています。高所恐怖症の人は、もしかしたら下からの眺めでも怖いかもしれません。

Ayuntamiento de Segovia

旅マップ

セゴビア旧市街の見どころ

1985年に世界遺産となったセゴビア旧市街。街自体が世界遺産となっていますので、その見どころも満載です。

セゴビア大聖堂

16世紀~18世紀にかけて造られたゴシック様式の大聖堂です。ゴシック様式ならではの華やかな建築物で、外観も大聖堂の中もとても見応えがあります。

By: ospanacar

ラ・ベラ・クルス教会

13世紀にテンプル騎士団によって造られたロマネスク様式の教会です。12角形という独特な形をしていて、不思議な感覚になる教会です。

By: M.Peinado

アルカサル

セゴビアの見どころのひとつである古城です。せっかくですから、モデルになっている白雪姫のお城で王子様に出会いたいものです。

水道橋(すいどうきょう)

セゴビアの街に生活用水を運ぶためのとても重要だった橋です。下から見た橋の眺めは、圧巻です。

食文化

パエリア、アヒージョ、生ハムなどスペイン料理は美味しい料理が多いです。食事に合わせて飲むワインもまた幸せのアイテムですね。セゴビアは海が近くにないので、メインは肉料理が多いようです。

レストラン情報

豪快なお肉料理をワイワイ「Restaurante Duque」

住所
Calle Cervantes, 12, 40001 Segovia, Spain

スペインバルで美味しいご飯とワイン「Restaurante – Bar El Sitio」

住所
Calle de la Infanta Isabel, 9, 40001 Segovia, スペイン

最後に

世界遺産の街「セゴビア」は、白雪姫の城、大きな水道橋、そして素晴らしいカスティーリャの景色が見られる場所です。文化と自然を満喫できるセゴビアへぜひ訪れてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?