日本庭園のあるハプスブルク王朝の離宮「シェーンブルン宮殿」[オーストリア]

スポット



旅曲が今回ご紹介するのは、オーストリアにある「シェーンブルン宮殿」です。この宮殿はオーストリアの首都ウィーンにあり、宮殿とそれを囲む庭園群はその美しさと文化的な価値から「シェーンブルン宮殿と庭園群」という名前で世界遺産にも登録されています。

シェーンブルン宮殿は17世紀末頃に狩猟用の別荘として建てらたのが始まりで、その後ハプスブルク家の夏の離宮として色々な場面で使われたそうです。
この宮殿ではモーツアルトが6歳の時に招待され、マリア・テレジアやマリー・アントワネットなどの前で演奏した場所でもあり、その際に転んだモーツアルトを助け起こしたマリー・アントワネットに対してプロポーズしたという逸話も残っているそうですよ。
私も映画や本などでしかモーツアルトを知らないので、実際はどんな人柄かは分かりませんが、やはり6歳の時から女性好きで惚れやすかったんですね。。。

さすが宮殿、部屋数は全て合わせると1,441室あり端から端まではなんと約180mもあるそうです。さすがハプスブルク家の離宮ですね。現在、この1,441ある部屋の中で見学できるのは公式セレモニーが行われた大広間を始め、フランツ・ヨーゼフ1世とエリザベート皇后夫妻のお部屋など40部屋を見ることができます。

その他のお部屋は?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実はこの世界遺産にも登録されている宮殿、実は一部が公務員の賃貸住宅にもなっているそうです。ただシェーンブルン宮殿のある場所がウィーンの中心から少し離れている事と、宮殿という歴史的価値のある部分からリフォームなどにも制限があるため物件の人気としてはとても低いそうです。

賃貸住宅としても貸し出されているシェーンブルン宮殿、もちろん観光客向けのホテル宿泊のお部屋もあります。毎日住むのには敬遠しがちな世界遺産でも、ホテル宿泊となれば一度は泊ってみたいと思いますよね。ハプスブルク家の離宮に泊まる…それだけでもう想い出になります。お姫様、王様気分を味わえること間違いなしですね!

あと忘れてはいけないのが、建物だけではなく庭園の数々です。考え抜かれた美しい形の庭園たち、その中にはなんと日本庭園もあります。日本庭園は1913年にフランツ・フェルディナント大公が日本訪問した折に、日本庭園に魅せられ見よう見まねでオーストリアの庭師につくらせたそうです。こんな風に海外にある日本、やはり日本人としては嬉しいですよね。
この他にも広くたくさんのお庭があり、宮殿も広いですがそれを囲む庭園も広く、庭園を散策するのに馬車が用意されているほどなんです。もちろん歩いても良しですが、馬車に乗って優雅な気分に浸るのもおすすめですよ。

スポット写真

食文化

オーストリアは様々な民族が歴史上に登場する国であることから食文化や食材なども多種多様です。11世にはコショウなどの香辛料が親しまれるようになっていたそうです。昔のオーストリアは魚介類もよく食べたそうですが、今では基本的にお肉中心の食事で、お魚などは淡水魚、特に鯉が好まれて食べられているそうです。
あとオーストリア食文化で忘れてはいけないのが甘いもの!ザッハトルテやパンケーキ、クレープなど甘い物好きにはたまらない魅惑的なお菓子がたくさんあります。

オーストリアのiTunesのトップソング

オーストリアと聞くとどうしてもクラシックのイメージが強いですよね。ウィーンフィルにウィーン少年合唱団などなど。現代ではどんな楽曲が好まれてのか気になります。


in: Pop
from: 2018/11/09
for: 0,99 €

in: Pop
from: 2018/08/17
for: 1,29 €

in: Soundtracks
from: 2018/10/05
for: 1,29 €

in: Alternative
from: 2018/06/22
for: 1,29 €

in: Alternative
from: 2013/09/06
for: 1,29 €

レストラン情報

伝統的なオーストリア料理を楽しむ「Quell」

住所
Reindorfgasse 19, Vienna 1150, Austria

美味しいコーヒーとケーキを食べるなら「Konditorei Heiner」

住所
Wollzeile 9 | Karntner Strasse 21-23, Vienna 1010, Austria

最後に

シェーンブルン宮殿では時期によって宮殿内でのコンサートがセットになったツアーも用意されています。もしオーストリアはウィーンに旅へ行く際はシェーンブルン宮殿を見るだけでなく、事前のコンサート情報をチェックしつつ、より宮殿を楽しんでみてはいがかでしょうか。