ドイツに「ロマンチック街道」という名の街道があるのをご存知ですか?・・・ロマンチックと聞くときれいな夜景などを思い浮かべるかもしれませんが、本記事で紹介するロマンチック街道は「ローマへの巡礼の道」という意味になります。ローマ人によってつくられたもので、恋人たちが語り合う道ではなく宗教上の道としてつくられました。それなら実際に行ってもロマンチックな気分になれないんじゃないかと思われますが、そんな事はありません。あのディズニーのシンデレラ城のモデルとして知られる「ノイシュヴァンシュタイン城」をはじめ、ハールブルク城ヴィースの教会など歴史的建造物を堪能できる街道になっています。

旅マップ

ロマンチック街道に登場する町

ヴュルツブルク

ロマンチック街道の起点となる町です。その中でも、レジデンツという「大司教の宮殿」は世界遺産にもなっていて、画家ティエポロの描いた、世界で一番大きいフレスコ天井一枚画が見る事ができます。

ヴァイカースハイム

ドイツの中でも小さな町のひとつです。観光として人気スポットになっている場所は、町の名前がついている「ヴァイカースハイム城」です。このお城はフランケン地方で最も初期のバロック庭園の1つで、ヴェルサイユ宮殿の庭園をモデルにした庭を見る事ができます。

シュヴァンガウ

こちらは冒頭にも書きましたが、あのシンデレラ城のモデルとなった「ノイシュヴァンシュタイン城」が見れる町です。そのほかにも、ホーエンシュヴァンガウ城など素敵なお城を見る事ができます。

ロマンチック街道を感じる風景

By: ni22co
By: Ana
この記事をシェアしてみませんか?