カナダの美しい島「プリンスエドワード島」は、カナダの東海岸にあるセントローレンス湾に浮かぶ島です。この島は世界中で愛される本「赤毛のアン」シリーズの原作者で知られるルーシー・モード・モンゴメリが住んでいたことでも広く知られており、本の中にも登場するため日本からの観光客もよく訪れる土地です。

はじめに

この島の魅力は、本の中にも登場したアンが愛した美しいのどかな自然です。緑や黄色など色とりどりに広がる田園、そして島を囲む海と砂浜、そして空気がキレイに澄みわたる青空と雲たち。スローライフという言葉がぴったりとあてはまり、のどかにゆっくりと進む時間を満喫できる島です。また、このプリンスエドワード島は美食の地としても知られており、ムール貝やカキ、ロブスターなどのシーフードからお野菜、果物、乳製品まで美味しい食べ物が満載です。

スポット写真

食文化

先ほども説明したとおり、プリンスエドワード島は美食の土地として知られています。新鮮な魚介類に野菜、お肉と素材そのものが美味しいものばかり。シンプルな調理方法で食べられるお料理の数々はきっと、舌とお腹を満たしてくれます。

レストラン情報

最高の景色で最高の料理を楽しむ「Blumen Garden Bistro」

住所
647 County Rd 49, Picton, ON K0K 2T0 カナダ

素敵なタコス、フィッシュ&チップス「The County Canteen」

住所
272 Main St W, Picton, ON K0K 2T0 カナダ

最後に

プリンスエドワード島はNHKが今年2014年に放送された朝の連続ドラマ「花子とアン」の影響もあり、日本からの観光客がとても増えたそうです。モンゴメリなどの英米児童文学を翻訳した、村岡花子さんの半生を描いたドラマ「花子とアン」の世界の一部を体感できる場所でもあります。色々な人の歴史と自然、可愛い家々と美しい自然、そして美味しいご飯など、癒しを求める人にピッタリな場所なので、ぜひ癒しの旅へ行ってみてください。

そのほかの写真

この記事をシェアしてみませんか?