西洋の雪だるまは二段だけでなく三段の雪だるまが多いようです。もちろん二段の雪だるまもありますし、四段以上のものまであるそうです。今年は成人式に大雪だった地域もあり、これからしばらく雪の季節になりますね。雪景色はテンション上がりますが、仕事がある日だとテンション下がりますね。そうした時は脇道にある雪だるまを見てほっこりしてみてください。
雪でつくったパンダ「ぱんだるま」ですね、かわいい。これはつくった人のセンスがぐいぐい伝わりますね。赤いマフラーがいっそう可愛らしさを引き立ててくれます!同じものをみよう見まねに私がつくってもきっと「落花生ですか?」と言われるに違いありません。

そ、そんな真顔でこっち見ないで///
なんか几帳面なかたが作ったのでしょうか、基本に忠実といいますか・・・すべてのパーツが「しっかり」してて良いですね。だめだ、顔見ると恥ずかしくなる。

By: minoir

こ、これは!(笑)完成間もないときはきっと立派なミッフィー雪だるまだったに違いない。こんな100戦してきたような姿になってしまって・・・(涙)あの消火器を超えるほどの大きさは、相当時間をかけて作ったんでしょうね。

溶けてこうなったのでしょうか。それとも途中で諦めたのでしょうか。もしくは、私ほどの芸術センスなのでしょうか。どちらにしても「・・・あぁ、あるある。」と納得してしまう雪だるまですね。

By: towser

はいはいこれはあれですね、カラスですね間違いなく。えぇ、カラスです。相当な芸術肌をもった方が作られた雪だるまですね。雪だるまの周りをウロウロしている足跡がそれを物語っています。良いセンスです。ランキング1位です。

じぇんとるめーんな雪だるまの登場です。よく雪だるまに帽子やマフラーを身につけさせているのを見かけますが、これほど紳士な雪だるまを見たのは初めてです。一歩見方を変えれば、探偵がずっと見張ってるようで不安になりそうな気もします・・・。

By: OiMax

この雪だるまは絶対に「良いやつ」。以上だ。

世界の「雪だるま」写真

By: N1NJ4

この記事をシェアしてみませんか?