今回ご紹介するのは岐阜県「飛騨高山」です。みたらし団子・飛騨牛・高山ラーメン・朴葉みそなど、食べたいものがたくさんある地域ですね!アニメ「氷菓」の舞台にもなった土地でもあり、長い伝統をもつ「生きびな祭り」や、タイアップ商品「氷菓米」が販売されるなど、話題の地域です!

今回の旅マップ

[map addr=”岐阜県高山市” zoom=”7″]

飛騨高山

岐阜県の高山市は、江戸時代以来の城下町や商家町が保全されているため、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれています。飛騨高山って、てっきり高山と別にあるのかと思ったら、観光ガイド的には高山を飛騨高山と記してるんですね。高山駅はありますが、飛騨高山駅はありませんでした。

日本の原風景を残す街

北アルプスなど美しい大自然に囲まれた飛騨高山の地に、今もなお江戸時代以降の街並みが残っています。集落博物館「飛騨の里」には合掌造りや飛騨の古い貴重な民家を見る事できます。春夏秋冬、季節にあわせた行事も行っています。(飛騨民俗村・飛騨の里

高山祭

100人以上の人が、闘鶏楽や裃姿の警固などの伝統の衣装を身にまとい、お囃子や雅楽、獅子舞に先導され祭地域をまわります。夜になると屋台に提灯が灯り世界が鮮やかに彩られます。日枝神社の春の山王祭(4月14・15日)と、桜山八幡宮の秋の八幡祭(10月9・10日)と年に2回行われます。

飛騨牛

飛騨高山といえば!やっぱり飛騨牛ですね。飛騨牛は、飛騨地方で肥育される黒毛和牛の牛肉で、食肉になった後は「ひだぎゅう」、食肉になる前の牛、親牛を「ひだうし」と呼ぶんですって。

その他の写真

この記事をシェアしてみませんか?