町全体が世界遺産に登録されている「ルアンパバーン」[ラオス]

スポット

旅曲が今回ご紹介するのはラオスの古都「ルアンパバーン」です。ルアンパバーンはラオスの北部に位置する町なのですが、1353年~1975年かけてあったランサン王国の王都でもありました。そのため、ラオスの歴史的景観が今でも残っている土地で、その歴史的価値からユネスコの世界文化遺産にも登録されている場所です。

旧王宮や寺院など多くの歴史的建造物があるルアンパバーンの中でも、見どころの一つは「ワット・シェントーン」という名前の寺院です。この寺院は16世紀当時の国王が建てたものでラオスの中で最も美しい寺院とも言われており、中でも本堂裏の壁面に描かれたとてモザイク画「生命の樹」はとても美しく、環境客に人気のスポットとなっています。
この他にも元の王宮が博物館として開放されている「王宮博物館」や、町最大のマーケット「タラート・プーシー」、約4,000体もの数の仏像が安置されている「パクオウ洞窟」、メコン川の支流のひとつである美しい滝壺が見れる「タート・クアンシー」などなど自然と文化どちらも見どころが満載です。
またラオス伝統舞踊ショーやメコン川での川下りなど観光客向けのショーやアクティビティもあるため、見て、体験してと色々な楽しみ方ができる場所です。

スポット写真

食文化

ラオスは東南アジア唯一の内陸国であることから、ハーブや山や川の幸を使った健康的な料理がたくさんあります。また他の東南アジアと異なる点は、主食がもち米ということです。もちもちとしたもち米はカオ・ニャオと呼ばれ、鶏、牛、豚などのお肉料理や川魚料理、野菜料理、スープなどと一緒に食べられます。ラオス料理ではモックと呼ばれるお魚や魚卵、川海苔を野菜、ハーブと混ぜてバナナの皮で巻き、蒸したり炭火で焼いたりしたものがよく登場するそうですよ。

レストラン情報

おしゃれなアジアンフュージョン料理を楽しむ「Blue Lagoon Restaurant」

住所
Ban Choumkong | beside the former Royal Palace or National Museum, Luang Prabang, Laos

美しい盛り付けのラオス料理を堪能「Tangor」

住所
House No.63/6, Ban Xiengmouane, Rue Sisavangvong, Luang Prabang, Laos

最後に

ラオスは現在も海外からの経済援助を受けている、消して裕福とは言えない国です。しかし、ラオスに住む人たちは笑顔を絶やさず力強く生きています。そんなラオスにある世界遺産の古都「ルアンパバーン」はラオスの人たちのアイデンティティ、歴史を感じることができる場所かもしれません。自然と文化というラオスを「これでもか!」と満喫できる場所です。ぜひぜひルアンパバーンへ旅に出掛けてみてください。