[モンテネグロ]アドリア海に浮かぶ美しい街「コトル」

2013年11月3日スポット

Screenshot of www.montenegro.com

アドリア海を臨むモンテネグロにある美しい街「コトル」

今回ご紹介するのはヨーロッパ南東部のバルカン半島に位置する国モンテネグロにある美しい街「コトル」をご紹介します。コトルはアドリア海を臨むコトル湾の静かな場所にある国です。古い地中海域のコトル港の周囲には城壁がみられるのですが、これはヴェネツィア共和国によって築城されたもので、街並み全体はヴェネツィアの強い影響がみられる建物が多くあります。コトルはアドリア海沿岸にある街の中でも中世の古い町並みが美しく保存されている国でもあり、美しいアドリア海と美しい中世の街並み、自然と人が作り上げた美しい景色が見られる場所でもあります。この美しい街はもちろんのことながら世界遺産に登録されています。

Kotor


今回の旅マップ

モンテネグロ

コトルの見どころ

コトルはただ海を眺めながら街を散策するだけでも楽しめる場所ですが、中世の古くある聖堂や美術館、博物館などの見どころも多くありますのでいつくかご紹介します。


コトル旧市街

コトル旧市街はとても小さく端から端まで10分ぐらいで歩ける広さしかないようですよ。ですが、その小さな中に中世の建物がぎゅっと詰まっておりタイムスリップした気分になれる場所のようです。昼の街並みももちろんワクワクしながら散策できるのですが、夜になると建物から光りがもれ美しい夜景を見ることができ幻想的な雰囲気を味わうことができます。


岩礁のマリア教会

コトル湾にぽつんと浮かぶマリア教会です。大きな教会ではないですが、雰囲気のあるとても素敵な教会です。教会が海の上に浮かんでいる景色も珍しいものだと思いますので、対岸からと実際の教会からとどちらからの景色も楽しめるのではないでしょうか。ちなみにこの教会がある島はゴスパ・オド・シュクピイェラという人工島のようです。船で渡ることができるそうですよ。


聖トリプン大聖堂

この教会は12世紀に建てられたカトリックの大聖堂です。8世紀頃にベネツィアの商人がイスタンブールから運び込んだ歴史的に貴重な遺物が残されている教会でもあります。ロマネスク・ゴシック様式の美しい内装とフレスコ画などを見ることができます。


コトルおすすめレストラン

基本はスラヴ系料理ですが、歴史背景や場所柄からトルコ、ハンガリー、オーストリア、イタリアなどの影響を受けたお料理を食べることができます。アドリア海で採れるお魚はもちろんお肉、お野菜も豊富にあるため美味しいご飯を食べられる国です。ではではコトルおすすめのレストランをご紹介します。

アドリア海を眺めながら食べるシーフード「Galion」
住所:Suranj bb, Kotor 85330, Montenegro
お店情報:Restaurant Galion

水車のある小さな村のようなレストラン「Stari Mlini」
住所:Ljuta b.b., Kotor 85330, Montenegro
お店情報:http://www.starimlini.com/


アドリア海を臨む街コトル。美しい海と自然、中世の街並みが融合したとっても素敵な場所です。歴史を感じながら美味しいシーフードとワインを味わって過ごせたら素敵ですよね。おすすめの季節は春から夏にかけてです。ぜひぜひ一度は行ってみてください。