インドのアッサム州にある「カジランガ国立公園」は、1985年に世界自然遺産にも登録され動物たちがのびのび暮らす美しい場所です。この国立公園では密猟によって絶滅危惧種となっているインドサイが生息しているほか、トラ、ヒョウ、スイギュウ、インドゾウ、ベンガルノガンなどの貴重な動物たちを見ることができます。ここには多くの貴重な動物が生息しているのですが、雨季の6月~9月の期間はとても過酷な環境に様変わりし公園内に流れるブラマプトラ川が氾濫し、動物たちは高台への移動を余儀なくされる側面ももっています。この場所へ訪れる際には、雨季を避けるようにしましょう。

Kaziranga National Park Assam, India

旅マップ

アッサムについて

アッサムはインド北東部にある州で、最初に思い浮かぶのは「紅茶」という人が多いかもしれませんね。アッサム州は稲作がとても盛んな土地でもありますが、非常に湿度が高い気候で、それはカジランガ国立公園も同様で雨季には多くの雨が降ります。紅茶好きの人だと、アッサムはミルクティーで楽しむことが多いかと思いますが、インドのチャイもこのアッサムで作られています。甘くてスパイシーなチャイは、寒い冬を温めてくれる美味しいお供ですね。動物に植物、美味しい紅茶など魅力満点の土地です。

By: gnozef

食文化

インドといえばカレーですね!インドはカレーの種類も豊富で、豆のカレー、チキンカレー、マトンカレー、エビカレーなど色々です。これだけ種類が多ければ、食べ比べも相当楽しそうです。

最後に

インドサイ、トラ、インドゾウなど数えきれないくらい珍しい動物たちが見れる「カジランガ国立公園」は、動物好きなら1度は訪れていただきたい場所のひとつです。

この記事をシェアしてみませんか?