中央アジアの聖都ヒヴァの旧市街「イチャン・カラ」[ウズベキスタン]

スポット

旅曲が今回ご紹介するのはウズベキスタンの都市ヒヴァの旧市街「イチャン・カラ」です。イチャン・カラとはもともと、中央アジアや西アジアの都市に見られる市街地の形態だそうです。その特徴は城壁に囲まれた市街地の事を指すそうで、城壁の外側で発展した市街地は「デシャン・カラ」と呼ばれるそうです。「内」と「外」という意味のようですね。
イチャン・カラはヒヴァにもあるそうなのですがヒヴァにあるイチャン・カラが唯一、無傷の状態で保たれているそうなんです。そのため「イチャン・カラ」=「ヒヴァ」と広く認識されているそです。また歴史あるヒヴァのイチャン・カラはウズベキスタン第一号の世界遺産でもあります。

ヒヴァという都市は今でこそウズベキスタンの中の一つの街ですが、16世紀初め~20世紀初めまで存在したヒヴァ・ハン国の首都でもあったそうです。そんな歴史からか今では中央アジアの宗教都市としても知られており、聖都の名前でも呼ばれています。
イチャン・カラには20の寺院(モスク)、20の神学校(マドラサ)と6基の礼拝時刻の告知を行うのに使われる塔(ミナレット)、それに加え歴史的建造物や民家などが数多く残っています。数多くある建物ですが、当時の人は自然を考えて生活するのがとてもとても上手だと思わせてくれるので、夏季にはとても暑くなるウズベキスタン、そんな夏の熱気を避けるように建物は全て北北東に向かって建てられいるそうです。先人の知恵とは今なお、今だからこそ見習うべきところが数多くありますよね。
土地土地によって特徴があり、その特徴を自然の脅威にさらされたり失敗をしながら見つける打開策。それを自分の子供たちに伝えていく形。きっとそこには自然への感謝と敬意、そして自分の大切な人への愛が溢れているんですよね。

スポット写真

食文化

ウズベキスタンの食事は農業で穀物が多く収穫されることから、お米やパン、麺料理が豊富なことが特徴です。またウズベキスタンで羊の放牧が盛んで、お肉料理は主に羊を使ったものが多いそうです。代表的な料理ではパラフと呼ばれるお米と一緒に細かく切ったお肉、ニンジンや玉ねぎ等と出汁と一緒に炊き上げる料理(日本ですとピラフですね)、シュルパと呼ばれる脂身のつちた羊肉とお野菜を一緒に煮込むスープ、ラグマンと呼ばれる手延べ麺をお肉やお野菜の入ったスープと一緒に食べる料理などがあります。またウズベキスタンではお茶を飲む習慣があり、緑茶や紅茶など食事の際には必ず出されるそうです。また日本では紅茶に牛乳やお砂糖、レモンなどを入れることがありますが、ウズベキスタンではストレート飲むのが主流なんだそうですよ。文化は違えど同じアジアということで食事も比較的、日本人の私たちが美味しくいただけるものが多いようです。

レストラン情報

生の民族音楽を聞きながらみんなでワイワイ「Zerafshan Chaikhana」

住所
Islom Hoja | Ichon-Qala, Khiva 741400, Uzbekistan

珈琲、紅茶、緑茶などのカフェメニューから食事まで楽しめる「Bir Gumbaz」

住所
Pahlavon Mahmud | Ichon-Qala, Khiva, Uzbekistan

最後に

唯一無傷での残るヒヴァの旧市街「イチャン・カラ」。歴史ある建造物、町並みを楽しむことができる土地です。普段あまり知ることのないウズベキスタンの歴史や宗教観、食文化などを目一杯満喫できる場所です。アラビアンナイトなどラクダのいる世界に興味がある方はぜひヒヴァへ訪れてみてはいかがでしょうか。もしかしたら…もしかしたら…王子様との出会いがあるかもかもです。