中東の国シリア・アラブ共和国にある美しい街「ハマー」は、農業、工業の中心地でオロンテス川の豊かな水を利用した大きな水車が街の至る所にあります。

旅マップ

紛争が絶えない地域ではあるが・・・

シリアは2011年1月に始まった内戦がまだ治まっていません。そんな争いが続いている国にも、失われてはいけない美しい場所がたくさんあります。ハマーにある美しい水車もその1つです。この水車は全部で16台あり、その歴史は紀元前1100年頃まで遡るといわれています。当時は用水路や農地へ水を送るものとして使われていたそうですが、現在では観光用として維持されています。

素晴らしい文化が残っているシリアですが、現在もシリア政府軍と反体制派の争いが続いているのも現実です。日本に紛争地域の情報が入ってくることも少ないですが、少し調べてみると犠牲になっているのはやはり一般市民であり、小さな子供たちが一番の犠牲になっています。一度引き金が引かれてしまうと止めることが容易ではなくなります。自分の身を守ることは当然ですが、そこにある素晴らしい文化を永く後世まで残す術を、いつも模索していく必要性を非常に感じてしまいます。

ハマーの風景

食文化

シリアの食文化は、他の中東諸国と同様「香辛料」を多用します。シリア料理はほぼレバノン料理と同じで、食材はお肉に野菜、果物など様々です。また今回ご紹介したハマーは、ピスタチオの産地として有名なのですが、シリアやレバノンでは様々な種類の豆が食べられ、その中でもひよこ豆を使った料理が多くあります。ひよこ豆を使った代表的な料理では、ファラーフェルというコロッケや、フンムスと呼ばれるひよこ豆とゴマのペーストなどがあります。ひよこ豆は栄養価も高い食材ですので、ひよこ豆料理を作る際はレシピが豊富なシリア・レバノン料理を参考にすると良いかもしれません。

By: reibai

レストラン情報

石造りの素敵な店内で「Aspasia」

住所
old city, Hamah, Syria

地元で人気のあるお店「Alferdaoa Restaurant」

住所
Hama, シリア

最後に

中東の美しい街「ハマー」は、大きな水車の優雅な姿と乾いた中東の景色を堪能できる土地です。ですが、今回ご紹介したシリア「ハマー」という場所は容易に旅行できない場所でもあります。シリアに平和が訪れた暁には、見たことない大きな水車を自分の目で確かめてみたいですね。

この記事をシェアしてみませんか?