世界で最も有名な植物園と称されるイギリスはロンドンの中にあるキューという地区にある「キュー王立植物園」は、1759年当時は宮殿併設の庭園でした。地上で花を咲かせる植物種の10分の1、およそ700万種以上が保護植物という膨大な資料を有する場所でもあり、その価値から2003年にユネスコ世界遺産にも登録されています。

旅マップ

日本庭園はイギリスで人気がある

キュー王立植物園は120万平方メートルにもなる広大な土地があるので、たくさん温室や庭園があり植物について学んだり景色を楽しむことができる場所です。その中のひとつに日本庭園「京都西本願寺勅使門とランドスケープ」があります。この日本庭園は、1910年にロンドンで開催された日英展示会の際に造られたもので、1976年には天皇皇后両陛下(当時皇太子御夫妻)が植栽したヒノキもあるので「友好の証」のような場所でもあります。日本とイギリスを繋ぐ素敵な日本庭園は、ガーデニング大国であるイギリスでもとても人気があります。

Royal Botanic Gardens, Kew | Kew

キューについて

キュー王立植物園がある「キュー」は、ロンドンの南西にあるリッチモンド・アポン・テムズ・ロンドン特別区に属する地区のひとつです。雰囲気の特長としては、ロンドンの中でもやや高級住宅街ににあたる場所です。またキュー王立植物園に隣接してレストランやカフェが集まるキューヴィレッジと呼ばれる場所もあり、キュー王立植物園を歩き疲れて空いたお腹を満たしてくれます。その他にはキュー宮殿やイギリス国立公文書館などがあり、ロンドンの中でも文化深い場所です。

食文化

イギリスというと食事はあまり美味しくないことで有名ですね。そんなイギリスですが、移民を多く受け入れている国のひとつでもあるので、実は各国の美味しい料理が食べられたりする国でもあります。特にインド料理店は本格的なお店が多く、びっくりするくらい美味しいカレーが食べられます。もちろん他国の料理だけでなく、イギリス独自で発展したアフタヌーンティーといった習慣もあり、日本での「食」の楽しみ方とはまた違った「食」を楽しめます。

By: 46137

レストラン情報

イギリスであえてインド&ネパール料理を食す「Rara」

住所
279 Sandycombe Road, Kew TW9 3LU, England

日本を思い出せる日本食レストラン「Rokkon Japanese Restaurant」

住所
4 Devonshire Rd, Chiswick, London W4 2HD イギリス

最後に

緑に囲まれると、人だけでなくどんな動物も癒されます。いつもと違った行動をすると新しい発見や感覚を得ることができます。イギリスにあるキュー王立植物園にある日本庭園はイギリスの方にとってはそんな存在なのかもしれません。違う文化が混ざり合った場所というのは、育んできたものは違えどどちらも素晴らしいものです。海外にある日本探しをするのも素敵かもしれません。イギリスに行かれる際は、素敵な日本を探しに是非キュー王立植物園へ訪れてみてください。

盆栽 梅 白花梅 玉牡丹 寄せ植え 健康祈願 長寿祝 ミニ日本庭園 苔リウム【盆栽 梅 松 南天 室内 初心者 縁起物 ミニ 盆栽 ギフト フラワーギフト 門松 誕生日 お祝い】
この記事をシェアしてみませんか?