日本人にはあまり馴染みがない国「エクアドル」は、どこにあるか知ってますか?・・・「実はあまり知らない」という人のために調べてみました。

エクアドルは南米に位置する国の1つで、コロンビアとペルーに隣接した場所にあります。また、あの有名なガラパゴス諸島もエクアドルが領有しています。とはいっても、ガラパゴス諸島はエクアドル本土から1,000km以上も離れているんです。

インカ帝国がかつて栄えていた土地でもあるエクアドルは、「インガピルカの遺跡」などの遺跡を見る事ができます。以前はスペイン領であった歴史もあり、ヨーロッパを感じるような建物が多くみられます。エクアドルの観光の名所といえば「ガラパゴス諸島」が人気を集めていますが、本記事では、ガラパゴス諸島ではなくエクアドルの首都「キト」の景色をご覧いただきたいと思います。

旅マップ

エクアドルのおすすめスポット

ガラパゴス諸島

独自の生態系を育んできた島で、他の土地では見る事のできない数々の動物たちを見る事ができる島です。

By: cdorobek

インガピルカ遺跡

インガピルカとはインカの壁を意味しています。インカの支配が続いていたことを証明している重要な場所です。今も残っている建物は「宗教的な儀式に使われるために造られたのではないか」と言われています。

その他の写真

この記事をシェアしてみませんか?