[browser-shot url=”http://www.thedubaiaquarium.com/” width=”620″]

水槽ギネス記録の水族館「ドバイ水族館」

ドバイと言えばお金持ちの国!というイメージが強いですよね。観光で行く際には自然や文化を楽しむというより、お金を使ってカジノや高級ホテルを満喫するという国な気がします。ドバイは世界一のものも多く、世界一高いビルなど色々な世界一がありますよね。今回はそんなドバイの中で世界一の水槽を有する「ドバイ水族館」をご紹介します。メディアなどでも取り上げられていたので、ご存知の方も多いかと思います。この水族館は幅32.88m、高さ8.3m、厚さ75cm、重量約245tという、とてつもなく大きなアクリルパネルの水槽でこの水族館ができるまでは沖縄の美ら海水族館が世界一だったのですが、さすがドバイあっさりと抜かれてしまいました。 この水族館ですが、なんと無料で見る事ができるのも「さすがドバイ」といった感じで、ショッピングモールからそのまま入ることができちゃうんです。世界一が無料で見られるなんて凄いですよね。 この水族館ですがただ水槽の外から眺めるだけではなく、水槽の上に浮かべたグラスボートに乗って観賞したり、この水槽の中をダイビングなんかもできちゃうですよ。世界一の大きさを生かした楽しみ方をたくさん用意している水族館でもあります。

Dubai Aquarium & Underwater Zoo


今回の旅マップ


ドバイどんな国 ドバイは中東の国の中で、これだけ発展してきた理由はやはり石油の存在です。中東における貿易・商業の最大の中心地とも言われており、国土は他の中東諸国に比べ小さいものの貿易・商売上手であるとも言え様々な観光地を用意し、石油だけでなく娯楽を楽しむための観光地化を成功させた国でもあります。また気候は亜熱帯地域のため夏場は50℃になる時もあり、とても暑い気候が特徴です。また乾燥する冬の時期には砂嵐が発生することもあるので、冬場の観光は注意が必要ですね。 ドバイの見どころと言えば、やはり贅の限りをつくした建物や人工島などです。世界最高級の高層ホテルである「ブルジュ・アル・アラブ」や工衛星から見える唯一の人工島群である「パーム・アイランド」や「ザ・ワールド」、「ジュメイラ・アイランズ」、「ドバイウォーターフロント」、「ジュメイラ・レイク・タワーズ」、「ドバイ・マリタイム・シティ」、「ドバイ・メディア・シティ」、「ドバイマリーナ」、漠の人工スキー場「スキー・ドバイ」など、ちょっと桁の違った観光地ばかりです。一度は行ってみたいとも思いますが、懐に相当余裕がないと訪れても楽しめないかもしれませんね...。
ドバイ選りすぐりお食事処 ドバイは観光客が世界で8番目に多い国でもあるため、レストランは和食からインド料理、イタリアン、フレンチと食べたいものは何でも食べることができます。その中で評判のお店をご紹介します。 中東の風を感じてディナークルーズ「Bateaux Dubai」 住所:Opp The British Embassy | Bur Dubai side of the Dubai Creek, Dubai, United Arab Emirates Facebook:https://www.facebook.com/BateauxDubai 最高の眺望でフレンチを「Pierchic」 住所:Al Qasr | Madinat Jumeirah, Dubai, United Arab Emirates
ドバイ水族館、日本にあればすぐにでも行ってみたい(笑)と思ってしました。なんとなく私はドバイという国は少し敷居が高く感じてしまっており、魅力的な場所もたくさんあるのですが中々、旅行地として選択しずらいのではないかなという感想です。しかし、今回ご紹介したドバイ水族館を始め無料で楽しめる施設は意外とあるみたいです。少しご余裕のある方はぜひぜひドバイへいってアラビアンナイトを満喫してみてください。
この記事をシェアしてみませんか?