恐竜好きにはたまらない化石わらわら「ダイナソール州立公園」[カナダ]

2014年5月9日スポット

子供と一緒 公園
By: jonebabana
基本情報MAP
  • 世界遺産にも登録されている恐竜公園
  • 世界最大級の恐竜化石層が見れる
  • レッド・ディア川に浸食された美しい渓谷が広がる
1カナダドル:93.93円

※参考:YAHOO!ファイナンス(2014/05/09 16時調べ)

※参考:agoda(1泊料金)

旅曲が今回ご紹介するのはカナダにある「ダイナソール州立公園」です。その名の通り恐竜化石が多く発掘されている公園です。恐竜というと私がすぐに思い浮かぶのはジュラシックパークなのですが、映画が公開さえれた当時まだ小学生だった私はあの恐竜の世界にとてもひき込まれた記憶があります。ジュラシックパークのなかですと、確か琥珀の中にある蚊から恐竜のDNAを取り出して恐竜を生み出していたと思うのですが実際のところ現代の科学でどこまで可能なのかもちょっと気になりますよね。ダイナソール州立公園はそのような研究はもちろんされていないようなのですが、特徴として世界最大級の恐竜化石層あり、39種もの恐竜の化石が発見されたそうで、このダイナソール州立公園からは500以上の標本や化石が世界各国の博物館へと送られ、展示されているそうです。世界遺産登録の大きな要因もこの恐竜たちの化石があることからだそうです。恐竜の公園として知られているダイナソール州立公園ですが、自然もとても豊かでコヨーテやワタオウサギ、鹿の一種であるミュールジカ、カナダガンなど多くの動物が住んでいて、公園に訪れると比較的容易に動物たちに出会うことができるみたいですよ。きっと人が生まれるずっと前にはコヨーテやウサギ、鹿の代わりに大きな恐竜たちが生活していたんでしょうね。想像しらならダイナソール州立公園を眺めたらきっとそんな光景を思い浮かちゃいそうですよね。

スポット写真

食文化

カナダは英語圏とフランス語圏がある国です。そのため食文化も英語圏とフランス語圏では多少異なるようで、英語圏ではイギリスやアメリカの影響を受けた料理が多く、フランス語圏ではフランスを始めとするヨーロッパ各国の影響を受けた料理が多いそうです。その他には中国からの移民が多いこともあり美味しい中華料理を食べれらるお店もたくさんあるみたいですよ。カナダの人が一番馴染みがありよく食べる料理は、プーティンというフライドポテトにグレイビーソースと粒状のチーズカードをのせたカロリーダイナマイトな食べ物なんだそうです。食べたらきっと美味しいのかもしれませんが、カロリーを気にしてしまうとなかなか一口目を食べるのみ躊躇してしまいそうですね。その他にはもう皆さんご存じメープルシロップです。カナダはメープルシロップ世界一の生産国です。私はやっぱりホットケーキにバターとメイプルシロップをたっぷりかけて楽しみたいですです。

レストラン情報

素敵なシェフが作る美味しいカナダ料理「Sublime Food & Wine」

住所
109 Centre Street, Drumheller, Alberta T0J 0Y4, Canada

がっつり食べるファーストフード店「Bernie & The Boys Bistro 」

住所
305 4th Street West, Drumheller, Alberta, Canada

最後に

恐竜の世界って今では決して実物を見ることができないのでワクワクしますよね。ダイナソール州立公園ではそんな恐竜の世界を想像させてくれる緑が広がっています。恐竜好きの方にはぜひぜひ訪れていただきたい場所です。