1年のなかで一番好きな季節はなんですか?
そう、秋ですね。秋以外の季節になると、すぐに紅葉が待ち遠しくなってしまうほどに秋が恋しいものです。銀杏、紅葉と美しく色が様変わりしていく秋という季節・・・私は、そんな事よりも食欲の秋に走り、秋刀魚に栗、サツマイモ、キノコたちにギンナンたっぷりの茶わん蒸しとブクブク太るしかないフラグが待ち受ける「秋」という季節が大好きです。夏から秋へ、空気や匂いが1日1日と変化を感じ、多くの日本人もまた赤く染まった美しい紅葉を楽しみしていることに違いないでしょう。

そんな、誰の目をも奪ってしまう罪深き紅葉・・・日本よりだいぶ先に始まり、そして儚く終わってしまう地域が、今回ご紹介するアラスカ「デナリ国立公園」です。

旅マップ

デナリ国立公園は、どんなとこ?

デナリ国立公園は、北米最高峰の山として知られているマッキンリーを有する国立公園で、アラスカの州都アンカレッジから北へ約380kmの場所にあります。

デナリ国立公園では、黄色く色づく広葉樹や紅い絨毯が広がるツンドラの大地、そしてその大自然のなかで優雅に生き抜く動物たちを見ることができます。この国立公園内は、多くの動物たちが住んでおり、グリズリーなどの熊や狼、狐、リス、トナカイ、うさぎ、ビーバーなどの哺乳類たち、ライチョウやイヌワシ、フクロウなどといった鳥類など、多種多様の動物たちと出会うことができます。

野生動物は野生のまま保つ」という規則があるため、可愛いからといって動物たちに食べ物をあげたりするのはNGです。自然のままの食物連鎖を保つ努力をしているので、ありのままの自然や動物たちが見れるスポットとしてアラスカで最も人気のある場所として知られています。

「デナリ国立公園」の風景

食文化

アラスカに古くから住む先住民エスキモーたちの食文化はとてもシンプルで、クジラやアザラシ、トナカイなどの生肉をそのまま食べるのが日常となっています。また、寒く厳しいアラスカの土地ではあまり口にできる植物がないため、お肉以外で食べられるものとしてコケモモを食べるそうです。とはいえ、私たちがもし旅に訪れたとして生肉の食生活はちょっと大変そうに思えてしまいませんか?ご安心ください。実は、昔からの食文化だけで暮らしている人は少なくなってきていて、アメリカ本土から入ってきた食文化が主流になりつつあるそうです。

By: Harry Li

レストラン情報

アラスカの州都アンカレッジの地元で人気の満腹ピザ屋さん「Moose’s Tooth Pub and Pizzeria」

住所
3300 Old Seward Hwy, Anchorage, AK 99503-4129

アラスカ産の新鮮なシーフードを堪能するなら「Kincaid Grill and Wine Bar」

住所
6700 Jewel Lake Rd, Anchorage, AK 99502-2039

最後に

アラスカというとアメリカの一部、州というよりはなんとなく一国のイメージがとても強い土地ではありませんか?
海に山、空、そして動物たちと雄大な自然が広がるアラスカ。そんなアラスカの秋を堪能できるのが「デナリ国立公園」なのです。自然のまま、そのままを楽しめる貴重な場所。大自然に触れてみたい、美しい秋の色と、自然の中で厳しくも強く逞しく生きている動物たちを見たいという方は是非、アラスカ「デナリ国立公園」へ旅に出かけてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?