[browser-shot url=”http://www.ot-colmar.fr/” width=”620″]

ハウルの動く城でソフィーが住んでいた町のモデル「コルマール」

昔も今の物語の世界が大好きなのですが最近はとみに物語好いておりまして、今回も物語世界シリーズとしてスタジオジブリの「ハウルの動く城」でソフィーが帽子を作っていたお店兼お家のモデルの町「コルマール」をご紹介します。ジブリファンはきっと知っている人が多い町だと思いますが、コルマールはフランス東部のアルザス地域の町です。アルザス地方で珍しく戦火の影響が少なかったコルマール、旧市街には中世からルネサンスの街並みが残されており、そこは本当にソフィーが過ごしたであろう街並みでとてもとても可愛く美しいです。実はコルマールの町は多数の日本企業が進出している町でもあり、転勤のため住んでいる日本人も多く、学校などでも日本人が多いことから週一で日本の教育が受けるカリキュラムを用意してくれているほどなんですよ。実は日本との縁が強い町なんですね。可愛い街並みを散策するだけで物語の主役になった気分になれちゃいますよ。きっと女の子だったら誰もが憧れちゃいますよね。

Office de tourisme de Colmar en Alsace – Colmar Tourist Office


今回の旅マップ

[map addr=”コルマール” zoom=”5″]
コルマールの見どころ コルマールはもちろん町を散策するだけでも楽しいのですが、美術館などのみどころもたくさんあるのでご紹介します。

ウンターリンデン美術館

イーゼンハイムの祭壇画が見られることで知られている美術館です。13世紀にアルザス地方で最も大きかった修道院のひとつとして建てられ19世紀に美術館となった歴史があり、展示されている絵画以外にも歴史ある建物も見どころです。 美術館サイト:http://www.musee-unterlinden.com/

メゾン・デ・テット

111個の小さな顔の彫刻が施されたお家です。「メゾン・デ・テット」とは「頭の家」という意味なんですよ。1609年建築のルネッサンス様式でコルマール一有名であった建築家ブージェーが手掛けたお家です。遠くから見たら可愛い建物でも、近くに寄ってよく見るとちょっと不気味かもしれませんね(笑) メゾン・デ・テットサイト:http://www.maisondestetes.com/

サン・マルタン教会

コルマールが神聖ローマ帝国自由都市となった1234年に建立が始められ1365年に完成した教会です。内陣には、23席の聖職者席があり、中世時代には司教座聖堂参事会員を迎えていた歴史があります。

コルマールおすすめレストラン コルマールはフランスでもスイスやドイツに近いこともあり、フランス料理であるもののハムやソーセージなどのドイツ寄りな加工肉が食べられます。ではではコルマールおすすめレストランをご紹介します。 こっとう屋の名を持つ素敵な雰囲気のレストラン「La Table du Brocanteur」 住所:23 Rue Alspach, 68000 Colmar, France お店情報:La Table du Brocanteur 色々なハムとチーズを「Sézanne」 住所:30, Grand Rue, 68000 Colmar, France お店情報:Sezanne épicerie fine et bistrot à vin à Colmar
やっぱり物語を感じさせてくれる町は魅力的ですよね~。ついつい夢を馳せちゃいます。想像だけでなく実際に行くことができるコルマール。「ハウルの動く城」の世界を体験しにぜひぜひ訪れてみていください。
この記事をシェアしてみませんか?