イタリアのヴェネツィアで開催されるとても有名なお祭り「ヴェネツィア・カーニバル」は、水に浮かぶ都市ベニスことヴェネツィアで毎年2月末~3月初めの2週間かけて開催されるお祭りです。一番の目玉はなんといっても豪華な仮面と衣装を身にまとった人たちの仮面コンテストです。このコンテストは、国際的なコスチューム及びファッション・デザイナーが審査員として参加していて、世界一美しい仮面を競い合います。参加にプロ・アマ関係ないため多くの参加者がここぞとばかりにコンテストに挑戦しています。

旅マップ

ヴェネツィア・カーニバルの歴史

コンテスト以外にもカーニバル期間中は仮装した人たちがヴェネツィアの美しい町を練り歩き、中世時代に迷い込んだような錯覚を覚えます。ヴェネツィア・カーニバルの起源は、アクイレイアの総主教との抗争にヴェネツィアが勝利した1162年であるといわれており、人々はこの勝利を祝いサン・マルコ広場に集って踊り始めたのが始まりなんだそうです。しかし、18世紀頃にこのカーニバルは衰退していきました。そんな中、1979年にイタリア政府がヴェネツィアの歴史と文化を守るため復活させ、現在のような形になっていきました。もしかしたら1162年当初のカーニバルとはずいぶん違ったものかもしれません。このお祭りは世界で一番有名なカーニバルと言われており、世界三大カーニバルの1つに数えられます。

CARNEVALE DI VENEZIA

水の都ベニス「ヴェネツィア」の魅力

ベニスといえば女性の多くが憧れる場所なのではないでしょうか。水に浮かぶゴンドラ、美しいサン・マルコ広場に集まるハトたちを眺めて飲む本場のエスプレッソ、陽気なイタリア人との会話・・・そんな想像が膨らむ町がヴェネツィアです。ヴェネツィアは水の都ですので、徒歩以外の交通手段は全て船です。もちろん、公共のバスやタクシーも全て船です。ヴェネツィアはとても細い道が多く、自転車は逆に不便に感じるような造りをしています。つまり徒歩で町全体を行き来できる土地でもあるので、歩きながら魅力を探すことがしやすいんです。

今回ご紹介している「ヴェネツィア・カーニバル」の主役である仮面やヴェネツィアングラスも有名で、町を歩けば素敵な作品を揃えたお店があるので、散歩しながらお店を眺めるだけでも楽しめます。

サン・マルコ寺院

福音記者マルコに捧げられたヴェネツィアで最も有名な大聖堂です。サン・マルコ寺院前のサン・マルコ広場は鳩がたくさんいて、この鳩も観光名物のひとつです。サン・マルコ広場にあるカフェで大聖堂を眺めながら飲むエスプレッソは格別です。

フェニーチェ劇場

イタリアといえば「オペラ」ですね。そんなオペラを上演をする歌劇場です。開場は1792年5月16日ですが、1836年と1996年の2度にわたって火災により全焼しています。2度再建された後、イタリア語で「fenice(不死鳥)」という名前が付けられました。

ドゥカーレ宮殿

8世紀に創建され、14世紀~16世紀にかけて現在の形に改修された宮殿です。共和国の総督邸兼政庁だった建造物です。

食文化

イタリアンは美味しいですね。ヴェネツィアは土地柄、魚介類を使った料理が多いです。ヴェネツィア料理といえば、イカスミパスタ、魚介のフリット、バッカラ・マンテカートらへんが定番でしょう。

レストラン情報

美味しいベネチア料理なら「Trattoria Il Vagone」

住所
Calle Priuli dei Cavaletti, 106, 30121 Venezia VE, イタリア

テイクアウトもできるイタリア料理店「Bigoi」

住所
Calle Crosera, 3829, 30123 Dorsoduro S. Pantalon, Venezia VE, イタリア
お店情報

最後に

水の都で「春」のはじまりに開催される祭「ヴェネツィアの仮面祭り」のような華やかさに憧れない女性はいないのではないでしょうか。ぜひ一度、仮面をつけて参加してみてください。

この記事をシェアしてみませんか?