ニュージーランドにある蛍の世界を見られる「ワイトモの洞窟」は、北島(きたじま)の中央部西側に位置するワイカト地方にある小さな村です。そこにはグロウワーム洞窟アラヌイ洞窟ルアクリ洞窟の3つの洞窟があります。その3つの洞窟全てに土ボタル(ヒカリキノコバエ)が生息していて、その土ボタルが幻想的な光の洞窟を創り上げています。

蛍っていっても、ハエなのよ

土ボタルは、日本の蛍とは全く違う種でヒカリキノコバエというハエの幼虫なんだそうで、暗闇のなか放たれている光でエサをおびき寄せています。ハエ・・・しかも幼虫・・・と考えると虫が苦手な人にはちょっと嫌と思われるかもしれませんが、ある程度の距離から無数の光を見るので虫だと想像力を働かせなければ、きっと美しい眺めを楽しむことができると思います。土ボタルの幼虫期間は約6ヶ月~12ヶ月ととても長いので、どのシーズンでも見ることができるようです。成虫になるとヒカリキノコバエは交尾をし、産卵後に死んでしまいます。もちろん一番の見どころは土ボタルなのですが、3つの洞窟それぞれが雨の浸食によって石灰石にひび割れが起こって形成されているため大自然の神秘を味わうことができます。

Waitomo Glowworm Caves & Tours NZ | Discover Waitomo

旅マップ

ワイトモの魅力

ワイトモは、土ボタルがとても有名で世界中からこの土ボタルを目当てに観光客が訪れるスポットです。土ボタル以外にもニュージーランドらしい自然を満喫できる場所があります。ニュージーランドの国鳥として知られているキーウィを間近でみることができる施設「オトロハンガ・キウィ・ハウス」があり、ニュージーランドの高大な自然を乗馬で楽しむことができる乗馬体験施設があり、小さい村ながら自然を大満喫できる場所なのです。

By: Chun Xia

食文化

ニュージーランドといえば、やはりでしょうか。日本の羊肉より臭くないって聞きますよね。様々なヨーロッパの民族が入り混じった国なので、もちろん食事も多種にわたって楽しむことができます。

レストラン情報

ランチはバーベキューでニュージーランドを堪能「Roselands Restaurant」

住所
579 Fullerton Road | Waitomo, Waitomo Caves 2566, New Zealand

郷土料理も多国籍料理も楽しめる「Huhu」

住所
10 Waitomo Caves Rd, Waitomo Caves 3943, New Zealand

最後に

日本では近年、蛍が生息する水辺が少なくなり簡単に見ることができなくなってしまいました。どの土地でも自然が魅せてくれるものは、とても魅力的です。暗闇を輝く洞窟の土ボタルの幻想世界「ワイトモの洞窟」は死ぬまでに1度は観たい場所としておすすめです。ぜひ訪れてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?